記事一覧

離れの小屋にDIYした囲炉裏の活用術(甲州地どりの鳥すき焼きを作る)

スポンサーリンク

こんにちは。

9月も中旬に突入し、山梨は早くも秋の訪れを感じます。
あれだけ町の至るところで見ることが出来た桃が収穫の時期を終え、ブドウが最盛期を迎えています。
20200907141325872.jpg
この時期の甲州市や山梨市をドライブしていると、ブドウ棚にたくさん実っているブドウが目に入って
本当に幸せな気分になります。

毎年10月には、甲州市かつぬまぶどうまつりが開催され、勝沼産のブドウやワイン、ジュースなどを味わうことできます。
去年は、パンダ夫婦も参加して、大変楽しく美味しいイベントだったので、
202009071412501ba.jpg

20200907141253088.jpg
今年も行こうと思っていたのですが、今年は新型コロナの影響で中止が決まっています…

また、ブドウが収穫されるとワインの仕込みも始まります。
山梨には現在日本の都道府県で最も多い約80のワイナリーがあり、そのうち約30はこの甲州市勝沼にあります。
例年11月3日に「山梨ヌーボー」と呼ばれる新酒ワインの解禁が行われ、これに合わせて2019年は各種イベントが企画されていたようですが、
こちらも今年は開催が難しそうです(インターネット上に開催の情報はありませんでした…)。

パンダ夫婦も、夏休み期間を利用して、旬のブドウを味わってきました。
場所は、「桃農家カフェ ラぺスカ」。
20200907141255d6d.jpg
名前の通り、桃がメインのカフェなのですが、桃の時期が終わるとブドウスイーツの提供も始まります。

去年は、「Katsunuma縁側茶房」や、
20200907141304d3b.jpg

「フルーツパーク富士屋ホテル」のブドウパフェは味わいましたが、
202009071412383ae.jpg

ラぺスカはいつも長蛇の列でなかなか行く機会に恵まれなかったのですが、
今回は平日で空いていたのもあって味わってきました。
202009071412468a7.jpg

去年・今年で3種類のブドウパフェを味わいましたが、ブドウパフェは桃パフェに比べて、
シャーベットを入れたり、凍らせたブドウを入れたり、ゼリーを入れたり、各店の独自色が強い印象です。

どれも美味しかったのですが、味、店の雰囲気やコスパを考えると、
パンダ夫婦的には、「Katsunuma縁側茶房」のブドウパフェが一番好きでした。
ブドウ収穫時期限定かつ休日限定のお店ですが、今年も機会を見つけていってみたいと思います。

さてさて、前置きがかなり長くなってしまいましたが、今回ご紹介するのは、「囲炉裏での鳥すき焼きの作り方」。
鳥すき焼きで使用する甲州地どりは、以前、川床カフェで地鶏そうめんを作った際に一度ご紹介しましたが、
歯ごたえや旨みが強くてはまってしまい、今回リピート決定です。

以前ご紹介した記事はこちら↓
夏を楽しむ!お手軽簡単な納涼川床のDIY(川床で甲州地どりを味わう)

この甲州地どり、唯一の欠点が売っている場所がほとんどないこと。
今回も甲府市にある直営店の「甲州地どり市場」に向かいました。
202009071412569b3.jpg

相変わらず、人がほとんどいない店内です。
もも肉で100g340円と普通の鶏肉と比べると、2~3倍の値段はしますが、すごい美味しいのになぁ。

個人的には、友人を呼んだBBQなどでもっと使っていきたいので、
山梨県内どこのスーパーでも購入できるくらい普及してもらえると嬉しいなぁと思います。
20200907141259b10.jpg
今回も35℃を超える猛暑日の日中に購入したので、冷凍のもも肉にしました。

さて、別荘に到着したら早速調理開始です。
でもその前に…
今回調理する場所はこちらの離れの小屋にある囲炉裏。
20200907141846572.jpg
川のすぐ横にある素敵なロケーションの小屋です。
小屋自体は前々オーナーさんがDIYしたものらしく、購入時からあるのですが、
物置として使用されていた小屋にパンダ夫婦がレンガとブロックを使用して囲炉裏をDIYしました。
202009071420425d4.jpg

以前ご紹介した記事はこちら↓
デュアルライフしている別荘に憧れの囲炉裏をDIY


友人が遊びに来た際の宴会場所として利用したり、
パンダ夫婦だけでゆっくり夕食を食べる場所としても利用しています。
20200907141323151.jpg

さて、それでは甲州地どりを使った鳥すき焼きの材料をご紹介します。

・甲州地どりの鶏もも肉…約300g
・ブロイラーの鶏もも肉…約200g(今回はかさ増し&食べ比べ目的で準備しました)
・みつば…1束(2,3束入れてもOK)
・しめじ…2株
・豆腐…1丁
・めんつゆ…100cc
・砂糖…30g
・水…50cc

※別荘は調味料を色々用意していないので、簡単味付けが基本です。

材料です。
20200907141237156.jpg
写真、左側の赤い色が濃いものが甲州地どり、右側の薄いのがブロイラーです。

始めに炭火に火をつけて、火力が大きくなるまで、しばらく待ちます。
20200907141241dc9.jpg
次に、油を少しだけ引いた田舎鍋を火にかけて、鍋が十分に熱くなるまでまたしばらく置いておきます。

鍋が熱されたところで地鶏を投入。
2020090714125202c.jpg
ジューといういい音と鳥の焼けるいい匂いが小屋の中に広がります。

鶏肉に少し焼き色がついたところで、三つ葉以外の具材を投入。
20200907141244601.jpg

さらに、めんつゆ、砂糖、水も加えます。
20200907141247212.jpg

具材に火が通るまで10分程煮こんでから、三つ葉を入れれば甲州地どりの鳥すき焼きの完成です。
202009071412581cf.jpg

あらかじめ器に溶いておいた卵につけて食べると
20200907141240f1f.jpg
う、うまい!!
甲州地どりの歯ごたえと三つ葉のシャキシャキ感
が最高にマッチしています。
甲州地どりは、噛めば噛むほど旨みがあふれ出してきて、口いっぱいにうまさが広がります。

あー、スルメやガムみたいにずっと噛んでいたい…

ひとしきり鍋の中を食べつくしたところでブロイラーも投入。
ブロイラーはブロイラーで肉が柔らかくてとても食べやすい。

個人的には、甲州地どりの方が好きですが、これはこれで悪くはないなぁ。

本当はさらにうどんを入れて楽しむつもりが、この日はこれでお腹いっぱい。
鍋も少し残ってしまいました。

が、鍋の残りは翌日再加熱して、ネギを加えて、卵を溶いたら親子丼の完成です。
甲州地どりの旨みが出しにしみこんだ最高の一品でした。

簡単で、美味しくて、翌日のご飯の心配も不要。
皆さんもぜひ一度チャレンジしてみてください!

おしまい

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

パンダ夫婦

Author:パンダ夫婦
東京在住30代のパンダ夫婦です。
普段は東京の会社で働いています。

趣味はキャンプや登山、旅行、料理、美味しいものを食べること。
アウトドア好きで、休みの日には家でおとなしくできないタイプ。

出身はふたりとも関東外(大阪と北海道)で数年前まではずっと地方を転々としていましたが、会社の転勤でついに東京住まいに。

都会生活の中でリフレッシュ&リラックスできる場所として、2018年に山梨に100万円代で別荘を購入し、東京と山梨のデュアルライフ(二拠点生活)を開始しました。

関東の高速道路の渋滞が嫌いということもあり、別荘までの移動には電車を利用。

古い別荘だったので、最初は家にネズミやムカデが出たり、急な雨漏りが発生したり、せっかく植えた野菜の芽が虫に食べられたりと毎週のようにハプニングもありますが、都会ではイライラの原因になるハプニングも、山梨でなら楽しむ余裕も出てきました!

今、山梨で取り組んでいるツリーハウスや囲炉裏のDIY、石窯ピザ作り、かまどご飯、薫製作り、原木椎茸作り、家庭菜園、オススメ観光スポット、登山、ご当地グルメ、みんなが知りたいデュアルライフの実態(お金事情や節約術、毎週の過ごし方)、たまに東京の都会生活などなど、たくさん発信していこうと思います。

デュアルライフもブログも初心者なので、みなさんから色々とご意見・コメント頂ければうれしいです!

先輩デュアラーとも交流したい!!

Instagram、Twitterをメインにアップしています。

Instagram: 『pandafufu4』で検索
Twitter: 『パンダ夫婦@デュアルライフ』で検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク1

スポンサーリンク2

スポンサーリンク3

このページのトップへ