記事一覧

初心者でも簡単!杉材でリビングの床を無垢材フローリングDIY 後編

スポンサーリンク

こんにちは!

今回は、前回ご紹介したリビングの無垢材フローリングDIYの続きです。
さらには、余った杉板で、キッチンの床&壁&つり戸棚もDIYしましたので、そちらについてもご紹介します。

後程、ご紹介しますが、キッチンは普段自宅ではやらない攻めた配色に挑戦してみました。

さて、前回はリビングの床に杉板を張って、ユーロオイルを塗ったところまでご紹介しました。
あれから、1週間。
床はどうなっているでしょうか?
20201005224434728.jpg

前の週にオイルを塗って、ふき取った時から見た目はあまり変化なしです。
ベタツキがなくなったくらい?

では、早速2回目を塗ってしまいましょう!
1回目と同じ要領で、ユーロオイルクリヤーを小さな容器に写して、張った杉板に薄く塗っていきます。
202010052244481bd.jpg

20201005224454934.jpg
写真は奥が2塗りしたエリア、手前が2度塗り前のエリアですが、1回目ほど色の変化はありません。
多少色が濃くなったかな?というくらいでした。

これでリビングの無垢材フローリングDIYは完了です。
このまま、あと1週間そのままにしておくだけです。

さて、リビングの作業が終了しましたが、今回ナフコで購入した杉材がまだ少し余っています。
今回、杉材が取り寄せだったので、二度手間にならないよう、計算上の必要面積より、1セット多めに頼んでおいたのですが、
幸運にもカットの失敗などもなかったので、1セット半ほど余ってしまいました。
20201005224451f8f.jpg

このまま家の中に置いておくのも邪魔になる…
かと言って、屋外においておくと、すぐに板がダメになって、ピザ窯の燃料行き確定です…
1セット5千円もしたのに、さすがにそれはもったいない!

ということで、1階のキッチンの床のDIYも行うことにしました。
現状、1階のキッチンがどんな感じかというと…
20201005224439fb8.jpg

流しは、多少オシャレにDIYしたのですが、それ以外は購入時からそのままの状態です。
あまり長い時間を過ごす場所じゃないので、「まぁいいか!」と後回しにしてきたのですが、
せっかくなのでここらへんで綺麗にDIYしてしまいましょう!

現状の床がどんな状況かというと…
20201005224434c1e.jpg
一見そんなに痛んでなさそうなのですが、よくよく見ると汚れや傷があります。
20201005224458af0.jpg

さらに、冷蔵庫を動かしてみると…
20201005224449e69.jpg
そもそもフローリングすら張られていない…
冷蔵庫で見えませんでしたが、結構悪い部分が見えてきます。

では、早速無垢材フローリングDIYを始めていきましょう!

こんな状況なので、本来であればフローリングをしっかり剥がして、新しく杉板を張りなおす方が適切だと思うのですが、
今回は多少床が高くなっても影響はなさそうなので、今のフローリングの上から杉板を張ることにします。

まずは、フローリングが張られていない冷蔵庫の下です。

ここは段差が出来てしまっていたので、ホームセンターで購入した針葉樹構造用合板をカットして埋めておきます。
今回はピッタリ埋まったのですが、この上に杉板を張るので多少サイズが小さくてもOKです。
202010052244569ef.jpg

埋めた合板は念のため、ビスで床に打ち付けておきます。
20201005224437b20.jpg

さて、これで準備が整いました。
それでは、杉板を張っていきます。
2020100522444721a.jpg

長さを合わせてカットしながら、無造作にガンガン置いていってOKです。
20201005224443031.jpg

さらに置く作業を進めます。
20201005224502ba5.jpg
ここまで進むと、変わった感じがしますね!
さらに端っこもしっかり張って板張りは完了です。

1階玄関から見た写真です。
20201005224500978.jpg



工具室の扉です。
20201005224457da9.jpg
この扉は別荘購入直後にDIYしたものです。

丸い柱の周りも、リビングの時と同様ジグソーで丸くカットして埋めました。

さて、張り終わったらこちらも一度目のオイル塗り。
20201005224445f72.jpg

刷毛でうすく塗っていきます(やはり1回目は塗ると色がかなり濃くなります)。
20201005224623bdc.jpg

ついでに工具室の扉や
2020100522463197b.jpg

シンクの扉の杉板も塗ってみました。
202010052246282d6.jpg
DIYしてから1年以上、時間が経過していて白っぽく変色していたのが、しっかりした木の色が戻りました。

ひたすらオイルを塗って、少し置いてから、また雑巾でのふき取り作業。
20201005224622788.jpg
床のオイルをふき取って、磨くと光沢が出てきます。
これで床のDIYは完了です。

さて、作業はここまで。
にしようと思ったのですが、杉板がまだ少し余っています。
それに隅っこや長さを合わせてカットした杉板もかなり出てきました。

それなら次は…
ついでに、キッチンの壁もDIYしてしまいましょう!

川に隣接していて、湿気が多い別荘なので、壁も少し色が変わっています。
20201005224626d47.jpg
こちらも壁は剥がさずに上から、杉板を張っていこうと思います。

まずは、杉板を張る下地となる木を壁に打ちます。
ホームセンター打っている10枚1,000円程度の安い杉の野地板をカットして
20201005224630f4e.jpg

防虫防腐剤を塗ったら
20201005224625f9a.jpg

壁に一定間隔で打ちます。
(壁を触ったり、壁に打たれている釘の位置を見れば、柱の位置がわかるので柱にしっかり打ち込みましょう)
20201005224721fee.jpg

下地の杉板の感覚を30cmくらいのしたので、30~50cmくらいで杉板をカットします。

無垢材フローリングDIYで購入した杉板は壁全てを張るだけの量はなかったので、サイズは違うのですが、
ホームセンターで買った野地板も混ぜました。
当初買った杉板と後から買った野地板では暑さが2ミリほど違うので壁に立体感が出て良いかなと思います。

202010052246177cb.jpg

大量に出来ました。
カットした板に木目を生かせスステイン&オイルで着色していきます。

ウッドデッキに並べると大量。
20201005224614cd4.jpg

着色します。
まずはこちらがマホガニー色。
2020100522462024f.jpg

思っていたより赤が強い!
水性のものってなんでこんなに缶に記載されている色と実際の色に乖離が出るんだろう…

次にけやき色。
202010052246081fe.jpg
これもずいぶんまっ黄色。
写真を撮り忘れてしまいましたが、ウォルナット色と、いつものユーロオイルクリヤーも塗りました。
20201005224605d1d.jpg

20201005224611db6.jpg
もっと落ち着いた色を想像していたのですが、結構カラフルな板が所狭しと並びました!笑

さて、ここまで出来たら後は板を張っていくだけ!
本当はゆっくり乾くのを待って、張っていきたかったのですが、なんせ時間がなく
少し乾燥したら早速壁板張りに取り掛かります。

板の長さと色合いのバランスを見ながら場所を決めて、ビスで打ち込んでいきます。
何枚か張ってみました。
20201005224711e47.jpg

さらにもう少し張りました。
20201005224701367.jpg

この日はパンダ♂1人出来ていたのですが、上の写真を送って、進捗をパンダ♀に報告すると、
カラフル過ぎて目がチカチカする…
イマイチとの反応…

たしかにこの写真は実態よりカラフルに見えるな。

最終的に気に入らなかったら剥がすことも辞さない覚悟でそのまま張り続けました。
写真の写りもあるのですが、杉板に塗ったニスやステインが乾くなかで色もかなり落ち着きました。

こんな感じです。
20201005224716fa1.jpg


20201005224707961.jpg
さっきの写真はたしかに色が鮮やかすぎるように見えたのですが、これならそんなに目がチカチカすることもないでしょう。
パンダ♀からもOKがもらえました!

端っこの細かいところは後程張るとして、一旦これで作業は終了。
のはずだったのですが。

202010052247060f2.jpg



202010052247029a5.jpg



202010052326429f6.jpg

次は、つり戸棚が気になり始めました。
しかも、前回同様、冷蔵庫の下を埋めた時の合板と今回使用した杉板がまだ少し余っている…

ということでつり戸棚のDIYもやっちゃいましょう!

つり戸棚はやる中で色々ハプニングもあって、記事にすると長くなりそうなので、ご紹介は次回にします。

ここまでの所要時間は床2時間+壁3時間の合計5時間。
そこまで時間をかけずに出来ちゃいます!

おしまい

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

パンダ夫婦

Author:パンダ夫婦
東京在住30代のパンダ夫婦です。
普段は東京の会社で働いています。

趣味はキャンプや登山、旅行、料理、美味しいものを食べること。
アウトドア好きで、休みの日には家でおとなしくできないタイプ。

出身はふたりとも関東外(大阪と北海道)で数年前まではずっと地方を転々としていましたが、会社の転勤でついに東京住まいに。

都会生活の中でリフレッシュ&リラックスできる場所として、2018年に山梨に100万円代で別荘を購入し、東京と山梨のデュアルライフ(二拠点生活)を開始しました。

関東の高速道路の渋滞が嫌いということもあり、別荘までの移動には電車を利用。

古い別荘だったので、最初は家にネズミやムカデが出たり、急な雨漏りが発生したり、せっかく植えた野菜の芽が虫に食べられたりと毎週のようにハプニングもありますが、都会ではイライラの原因になるハプニングも、山梨でなら楽しむ余裕も出てきました!

今、山梨で取り組んでいるツリーハウスや囲炉裏のDIY、石窯ピザ作り、かまどご飯、薫製作り、原木椎茸作り、家庭菜園、オススメ観光スポット、登山、ご当地グルメ、みんなが知りたいデュアルライフの実態(お金事情や節約術、毎週の過ごし方)、たまに東京の都会生活などなど、たくさん発信していこうと思います。

デュアルライフもブログも初心者なので、みなさんから色々とご意見・コメント頂ければうれしいです!

先輩デュアラーとも交流したい!!

Instagram、Twitterをメインにアップしています。

Instagram: 『pandafufu4』で検索
Twitter: 『パンダ夫婦@デュアルライフ』で検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク1

スポンサーリンク2

スポンサーリンク3

このページのトップへ