記事一覧

パンダ夫婦の狩猟免許取得への道(事前講習受講&受験 編)

スポンサーリンク

こんにちは!

以前、パンダ夫婦の狩猟免許取得への道の第一弾として、「免許取得の流れ」と「狩猟免許試験の申込方法」について、
ご紹介させていただきました。

20201104002804982.jpg
※写真は以前北海道で撮影したヒグマ。罠猟とは何の関係もありません。

念のため、前回のおさらいです。
狩猟免許は、以下の流れで取得することができます。

Step0 受験資格
Step1 事前申請
Step2 当選通知受領
Step3 必要書類の準備
Step4 本申請手続
Step5 狩猟免許講習会の申込・受講
Step6 狩猟免許試験の受験


今回はその続き。
狩猟免許受験日の約2週間前に受講した猟友会主催の「事前講習の内容」と、「試験の内容」、「試験当日の流れ」について、ご紹介したいと思います。

まず、事前講習について。

狩猟免許を始めて受験される方は、
・そもそも事前講習って何?
・事前講習って受ける必要あるの?

という、疑問が湧いているかもしれません。

まずは、1つ目。
事前講習の内容について。

事前講習は、各都道府県の猟友会が開催している試験の事前勉強会のようなものです。

というのも、この狩猟免許試験、試験勉強のための参考書などの市販はなく、試験に関する情報がかなり少ないんです。
私の受験した東京都のホームページを見ると、以下の記載しかありません(一部割愛)。

試験内容
1)知識試験

 次に掲げる事項について、三肢択一式の筆記試験により行います。出題数は30問で、試験時間は90分です。

・鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法令(共通)
・鳥獣の保護及び管理に関する知識(共通)
・鳥獣に関する知識(共通)
・猟具に関する知識(各猟具ごと)

2)適性試験
 視力、聴力、運動能力について行います。(眼鏡、補聴器等が必要な方は必ずご持参ください。)

3)技能試験(実技等の試験)
わな猟免許
 猟具の判別、猟具の架設、鳥獣の判別

知識試験と技能試験は、ざっくり過ぎてこれじゃ、何をどうやって勉強して良いのか?
(私が知らないだけで、もっと情報公開されていたらすいません…)

そんな疑問を解消してくれるのが、猟友会が開催する事前講習会。
受講料は10,000円と少しお高めですが、試験勉強のためのテキストを事前に送ってくれたり、
試験の範囲、技能試験の内容などを勉強することができます。
20201104001811373.jpg

事前講習の当日の流れは以下のとおり。
20201104000800ddc.jpg

午前中は座学で、知識試験で出題される「狩猟関係法令」と「鳥獣の判別」について。
テキストと例題集を使いながら、よく出題される範囲を教えてくれます。

午後は、主に知識試験で出題される「猟具の取り扱い」を座学で学んだ後、
実際に試験当日に技能試験で使用される猟具を使った技能講習が行われます。

今回私は、罠猟だけの受験なので、朝9時30分から始まり、途中休憩をはさんで、14時30分くらいには事前講習が終了しました。

2つ目の「事前講習って受ける必要があるの?」については、ケースバイケースですかね。


まず、周りに狩猟免許試験を受けたことがある人がいない初心者の方は、絶対受けた方が良いと思います!

一方で、既に知り合いで狩猟免許試験を受験された方がいて、
知識試験のテキストである「狩猟読本」を持っていて、当日の内容を内容を聞くことができるのであれば、
事前講習を受けなくても十分合格可能だと思います。

ただし…
事前講習は試験本番と同じ会場で行われるので会場の下見も兼ねることできること。

技能講習は実際に試験当日に使用する猟具を見て・触ることができること。
から、少しでも不安がある方は、事前講習を受けておいた方が確実だと思います。

次に、「試験の内容」についてです。

試験は、上でご説明した通り、「知識試験」、「適性試験」、「技能試験」の3つで構成されています。

このうち、「適性試験」については視力検査や視力検査、簡単な運動能力検査だけですので、特段の事前準備は不要です。

次に、「技能試験」です。
これは、以下の3つの試験があります。

〇鳥獣判別
 獣や鳥の写真(またはイラスト)が描かれたパネルを見て、狩猟可否・鳥獣の名称を言っていく試験。
 試験管の方が、パネルを次々に出してくるので、パッと見て答える瞬発力も大事です。
 アナグマとハクビシン、タヌキとアライグマ、イタチの♂と♀など、間違いやすいものはしっかり特徴を覚えましょう。
202011040004251d4.jpg

20201104000429f6e.jpg
※鳥獣判別となっていますが、鳥が出題されることは少ない(ほぼない?)ようです。

〇猟具の判別
 目の前に置かれた実際の猟具を見て、法定猟具か禁止猟具かを判別します。
 とらばさみのようにそれ自体が禁止猟具のものもあれば、筒形イタチ捕獲機のように、猟具自体は法定猟具でもストッパー等、
法定猟具の要件になる部品等が不足している禁止猟具も出題されます。

〇猟具の架設
 目の前に置かれた罠(今回は、金属製両開き箱罠)を、自分自身で架設します(獣が来た時に捕まえられるよう組み立てること)。
 言葉だけだと難しそうに聞こえるのですが、3つの手順を覚えるだけなので、流れがわかってしまうと簡単です。

最後に「知識試験」です。
合格率約80%の狩猟免許試験ですが、不合格となる方のほとんどはこの知識試験で脱落します。

上にも記載しましたが、知識試験は、三肢択一式で出題数は30問。
21問(70%)以上正解すれば、知識試験は合格となります。

例題集に詳しく記載されていますが、各範囲からの出題傾向は以下の通り。
20201104000422391.jpg

約50%は、鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法令から出題されます。

ちなみにパンダ♂は以下のとおり試験勉強を行いました。

技能試験:事前講習でしっかり覚える。鳥獣判別は、狩猟読本のイラストを何度も見て判別できるようにする。
20201104000428486.jpg

知識試験:例題集を2,3周ひたすら解く。ほとんどが過去問からの出題なので問題自体を覚えてしまいます。

20201104000431818.jpg

事前講習から試験勉強をスタートさせて、約1週間、平日夜を中心に勉強しました。

最後に試験当日の流れについて。


試験は朝10時からスタート。
9時30分から受付が開始されているので、遅れないように試験会場に行きましょう!

ちなみに、東京は2つ会場があって(試験日程は別)、パンダ♂は、足立区勤労福祉会館で受験しました!
20201104002339a62.jpg

まずは、90分間の知識試験です。
30分経過後は自由に退席することが可能で、半分くらいは30分経ったら、退出してました。

試験結果は12時過ぎに試験会場に貼り出されます。
こんな感じ。
20201104002603106.jpg

受験番号が消されている箇所が10個くらいあるので、
その方が不合格(または受験しなかった)ということでしょうか?

ちなみに試験が終わってから発表までかなり時間があるので、パンダ♂はご飯を食べてネットカフェで昼寝してました…

知識試験合格者は、引き続き13時から午後の試験の説明を受けて、適正試験に進みます。

聴力、視力、運動能力と簡単な検査が終わったら、
最後の難関の技能試験です。

まずは、鳥獣判別。

部屋を移動して、猟具の判別、猟具の架設です。

適性試験、技能試験は、試験の申込順に呼ばれていて、パンダ♂はかなり後の方だったのですが、
それでも15時前には試験が終了しました。

普段の仕事ではまったくやらない分野なので、受験勉強や試験当日も楽しくて、あっという間でした。
(一番緊張したのは、医者の診断書をもらうときかも!?)

ちなみに合格発表は10月12日に郵送で(当日、東京都のホームページにも受験番号がアップされます)。
じゃーん。
20201104000912136.jpg
これをもらっただけで、何だかちょっとだけ強くなった気がする…(笑)。

今年は、コロナの関係もあって抽選で落ちている人もいらっしゃると聞いているので、受験出来てラッキーでした!
せっかく合格したので、罠猟師として、デビューできるよう動いていきたいと思います。
(このあたりは11月15日以降、猟期が始まるので、また時期が来れば書きたいと思います。)

おしまい

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

パンダ夫婦

Author:パンダ夫婦
東京在住30代のパンダ夫婦です。
普段は東京の会社で働いています。

趣味はキャンプや登山、旅行、料理、美味しいものを食べること。
アウトドア好きで、休みの日には家でおとなしくできないタイプ。

出身はふたりとも関東外(大阪と北海道)で数年前まではずっと地方を転々としていましたが、会社の転勤でついに東京住まいに。

都会生活の中でリフレッシュ&リラックスできる場所として、2018年に山梨に100万円代で別荘を購入し、東京と山梨のデュアルライフ(二拠点生活)を開始しました。

関東の高速道路の渋滞が嫌いということもあり、別荘までの移動には電車を利用。

古い別荘だったので、最初は家にネズミやムカデが出たり、急な雨漏りが発生したり、せっかく植えた野菜の芽が虫に食べられたりと毎週のようにハプニングもありますが、都会ではイライラの原因になるハプニングも、山梨でなら楽しむ余裕も出てきました!

今、山梨で取り組んでいるツリーハウスや囲炉裏のDIY、石窯ピザ作り、かまどご飯、薫製作り、原木椎茸作り、家庭菜園、オススメ観光スポット、登山、ご当地グルメ、みんなが知りたいデュアルライフの実態(お金事情や節約術、毎週の過ごし方)、たまに東京の都会生活などなど、たくさん発信していこうと思います。

デュアルライフもブログも初心者なので、みなさんから色々とご意見・コメント頂ければうれしいです!

先輩デュアラーとも交流したい!!

Instagram、Twitterをメインにアップしています。

Instagram: 『pandafufu4』で検索
Twitter: 『パンダ夫婦@デュアルライフ』で検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク1

スポンサーリンク2

スポンサーリンク3

このページのトップへ