記事一覧

山梨と東京だからできる!デュアルライフでお花見を4倍楽しむ(お花見スポット&グルメ)

スポンサーリンク

こんにちは!

4月もあっという間に約半分を経過し、気がつけばゴールデンウィークも間近。
テレワークが増え会社に行く頻度が減ったせいか、コロナ感染拡大により休みでも自由に遊びにいけないせいか、
例年のゴールデンウィークと比べると、ワクワク・ウキウキ感が少ない気がしますが、
今年は休みを3日取ると11連休という、休める人には美味しいゴールデンウィーク!

パンダ♂の会社でも休暇取得が推進されていることもあって、休みを取りやすくなってきていますが、
こういった中日の平日にわざわざ出勤しなくても済むようになったのも、テレワークのメリットの1つと実感。

20210419141544ed8.jpg

パンダ♂の場合、今年は5月6日、7日は仕事ですが、テレワークを使えばわざわざ東京に帰らなくても済むので
余計な交通費や時間がかからないという素晴らしいメリット。
20210408151918408.jpg

そんなテレワークならではのメリットを活用して、パンダ夫婦は今年のゴールデンウィークも山梨で山籠もりの
可能性大です(感染状況を見極めながら…ですが)。
2021041914154487f.jpg

さて、今回は少し旬は過ぎてしまいましたが、デュアルライフのお花見事情について。
山梨と東京でデュアルライフを初めて、お花見について気づいたことがあります。
20210419141754ec7.jpg

それは、花見を楽しめる期間が長いこと!
東京だけで生活していると、桜の開花期間は短く、お花見を楽しめるお休みは1〜2週末程度。
20210419141756f67.jpg

ところが山梨の大月市や甲府盆地周辺のエリアは、だいたい東京から数日〜1周間遅れて開花することが多いので、
山梨と東京のデュアルライフをすることで楽しさ2倍

さらに、山梨の中でも比較的開花の早い甲府盆地周辺エリアに比べて、北杜市や富士吉田市近辺は開花がさらに1〜2周間遅い!
ここまで見に行けば、楽しさ3倍

さらにさらに、山梨は実は全国第ダントツ一位の桃の生産量を誇る都道府県。
桃の開花は桜の開花時期と近く、桜に加えて桃のお花見まで楽しめてしまいます!
これで楽しさ4倍

なので、山梨と東京のデュアルライフを始めてから、花見はパンダ夫婦にとってとっても楽しみなイベントの1つになっています。
パンダ♀に至っては、寒い冬はいくら誘っても来ないのに、お花見の時期だけは自分で行きたい場所をピックアップして、
場所指定してくるほどの計画犯(笑)。

それほど、パンダ夫婦にとって、お花見は特別なイベントになっています!

今回は、そんなパンダ夫婦がオススメする山梨と東京のお花見スポットをご紹介。
一部のスポットはお花見とあわせて立ち寄ることができるグルメ&カフェもご紹介します。

みなさんもぜひ来年行ってみてください!

○目次
【東京版】
・千鳥ヶ淵、靖国神社(おすすめ度★★★)
・目黒川(おすすめ度★★)
・東京タワー(おすすめ度★★★)

【山梨版】
・慈雲寺(おすすめ度★★★)
・勝沼ぶどう郷駅(おすすめ度★★)
・河口湖(おすすめ度★★)
・新倉山浅間公園(おすすめ度★★★)
・笛吹市の桃源郷(おすすめ度★★)


まずは東京から。
東京は主にド定番のお花見スポットのご紹介です。

・千鳥ヶ淵&靖国神社(おすすめ度★★★)
まずは、皇居の北側に位置する千鳥ヶ淵&靖国神社から。

千鳥ヶ淵は、皇居のお堀と桜の絶景を見ることが出来ます。
2021041914191707e.jpg

20210419141919c43.jpg

お堀の横の遊歩道には満開の桜並木が。
202104191435373e5.jpg

春の陽気&桜の美しさにパンダ♀が変になっちゃいました!笑
(もっと桜が咲くようにお祈りダンスしてるのかな?)
202104191419212bb.jpg

さらに千鳥ヶ淵から10分ほど歩けば、靖国神社に到着します。
20210419141925da1.jpg

ここは東京の開花状況を判断する標本木があります。
1輪でも開花すると、開花宣言がなされるのですが、開花直前になると東京のテレビ局がこぞって集まり、
開花している花を探し回る面白いスポットです!笑
2021041914192777b.jpg

ここまで来たら、お祈りもしておきましょう!
202104191419284aa.jpg

千鳥ヶ淵から靖国神社まで歩いて、少し疲れたら、神社の境内にある「アティックルーム靖国外苑」
で休憩するのはいかがでしょうか?
ここでは、境内に咲き誇る桜を見ながら、ラテアートを楽しむことが出来ます!
ラテアートは数種類の中から好きなアートを選ぶことができるのですが、この日はもちろん桜バージョンを選択。
20210419141923d5f.jpg
飲み干すと散った桜の花びらに見えるところも乙なものです。
(多分そこまでは狙ってないと思いますが…)
20210419141924c7e.jpg

千鳥ヶ淵〜靖国神社の移動も含めて、約60分程度で見ることが出来るオススメスポットです。

↓詳細は以下をクリック。
tabelog.com/tokyo/A1309/A130906/13240036/

・目黒川(おすすめ度★★)

続いてのおすすめスポットは「目黒川」です。
こちらも誰もがよく知るド定番の花見スポットです。

ここは目黒川の上にアーチのように桜が咲き誇ります!
202104191419329e3.jpg

川にかかる橋の上から撮影するのが定番です。
20210419141930984.jpg

花見の時期は、休みの日ともなると大勢の人が押し寄せるこの目黒川ですが、この日は平日ということもあり、
密を避けて楽しむことが出来ました!

さて、目黒川でお花見と一緒に楽しみたいのが、「中華そば えもと」のラーメン。
2021041914193219e.jpg

パンダ夫婦はお腹が空いてふらっと立ち寄ったのですが、醤油ベースの中華そばに2種類のチャーシュー(バラと肩ロース)を乗せた
このチャーシュー麺が絶品!
20210419141933115.jpg
(普段はあまり食べないのに)ラーメンにうるさいパンダ♀も大満足の一杯でした。

お店は店主が1人で切り盛りされていますが、店主の方の人柄もgoodでした!

↓詳細は以下をクリック。
tabelog.com/tokyo/A1317/A131701/13256852/



・東京タワー(おすすめ度★★★)
次は、東京タワーに移動しましょう!
ライバル東京スカイツリーが完成したあとも、昔から東京を見守ってきた東京タワーにより愛着を感じている人も多いと思います。

パンダ夫婦も近代的な東京スカイツリーより、レトロなデザインの東京タワーの方が好み。
今回は、ライトアップされた東京タワーと夜桜の写真を撮りたくて、早めにご飯を食べていざ出発!

東京タワー最寄り駅の芝公園駅から外に出て、東京タワー方面に向かうと早速東京タワーが迎えてくれます!
20210419142222a6a.jpg
絶景!
でもまだ遠い。

夜の芝公園は人も少なくスイスイ快適なウォーキングが楽しめます。

東京タワーを目指して歩いていると、いつの間にか真下まで来ていました。
20210419142221944.jpg

辺をグルグル回って、見つけた桜と一緒にパシャリ!
2021041914221896b.jpg
東京ならではの一枚です。

東京にもまだまだ絶景の花見スポットはあるのですが、次に山梨のスポットへ移動します。

最初にも書きましたが、東京が満開を迎えたあとで、遅れて山梨で満開になることが多いので、
1日に桜を見すぎてお腹いっぱいにならず、ゆっくり・じっくり花見を楽しめるのも良いところ。

・慈雲寺(おすすめ度★★★)
山梨のオススメスポットの1つめは甲州市にある慈雲寺。
ここは樹齢300年とも言われるイトザクラを見ることが出来ます!

それがこちら!
202104191419351ec.jpg

高さ14メートルもある大きな木から、糸のように垂れ下がる桜の花はここでしか見られない絶景です。
202104191419363d4.jpg

桜並木のようにたくさんの木が咲き誇っている姿も素敵ですが、1本の桜でここまで楽しませてくれるものはなかなかありません!

少し離れた位置から菜の花とセットで見るイトザクラ(左側)も絶景ですね!
20210419141938d7d.jpg

慈雲寺近くのオススメグルメは、「そば丸」のそば。

パンダ♂が興味津々の古民家をリノベーションした店内で、本格的なそば&天ぷらを楽しむことが出来ます。
1618811491870.jpg

1618811493207.jpg


そばももちろん美味しいのですが、パンダ♂はここの穴子の天ぷらが好きで、いつも穴子の天丼&そばセットを頼みます。
1618811494566.jpg

土日は、並ぶことも多いので、開店の15分くらい前を狙っていくのがおすすめです!

↓詳細は以下をクリック。
tabelog.com/yamanashi/A1901/A190104/19000295/

・勝沼ぶどう郷駅(おすすめ度★★)
続いては、これも甲州市の勝沼ぶどう郷駅です。
ここはその名の通り、現在もJR中央本線の駅として活躍する場所です。
20210419141940517.jpg

駅前の広場には、1960年代から約50年間使われてきた電気機関車が飾られており、この日は内部見学会が行われており、
たくさんの人達が見学をされていました(私達は我慢…)。
20210419141942586.jpg

202104191419398cd.jpg

ここは桜と電気機関車の絶景の他にも、
桜と、東京と甲府・竜王をつなぐ特急かいじ、東京と松本をつなぐ特急あずさを一緒に撮影する場所として、
鉄道ファンにも人気のスポットです!
202104191419449ab.jpg
パンダ夫婦の滞在中に特急来ず…

・河口湖(おすすめ度★★)
続いては、富士河口湖町で見る桜&河口湖&富士山の絶景です。
河口湖は山梨の他のエリアと比べて寒いので、開花が遅く、他のエリアが散ったあとに楽しむことができます。

こちらは過去の記事でもご紹介したことがありますが、桜&富士山という日本を代表する景色が揃えば、絶景でない訳がない!
202104191422315ee.jpg

いつも河口湖円形ホール近くの湖岸から、桜&富士山を楽しみます。
この日は晴れて富士山がくっきり見えていました!
20210419142233b29.jpg
例年、桜の時期の富士山は雪の量が多すぎず、少なすぎず、ちょうど良い塩梅です。

河口湖のオススメグルメは…
悩むほどたくさんあるのですが、ここならでは!という点も踏まえて、「割烹七草」の富士まぶし。
2021041915173797b.jpg

河口湖で育ったニジマスを使用した絶品の炊き込みご飯を味わうこと出来ます!
20210419151736fe5.jpg

↓詳細は以下をクリック。
tabelog.com/yamanashi/A1903/A190303/19000199/

・新倉山浅間公園(おすすめ度★★★)
次に、山梨のお花見スポットのド定番の新倉山浅間公園です。

もともとこの場所は、富士山&五重の塔が見える絶景スポットで海外からの観光客も多い場所ですが、
それに桜がプラスされるこの時期は、国内海外問わず、大勢の人が見に来ます。
20210419142946f7b.jpg

残念ながら今年はパンダ夫婦はタイミングが合わず行けなかったので、デュアルライフを始めたばかりの2年前の写真です。
20210419142945540.jpg

行った方からの情報によると、今年は海外からの観光客はほとんどいなかったみたいですが、
感染対策を行っていたこともあって、写真スポットは長蛇の列になっていたようです!

・笛吹市の桃源郷(おすすめ度★★)
最後に笛吹市の桃源郷です。
桃源郷とは、その名の通り桃が咲き誇る郷のことを表し、どこか具体的な地名を指しているわけではないのですが。

桃は全国一位の山梨の中でも特にこの笛吹市エリアに集中しており、笛吹市内の各所がこの時期桃の花のピンク色に染まります。

パンダ♂は笛吹市が作成したこのポスターを見て、これは見に行くしかないなと決意!
20210419152218836.jpg

今回は、笛吹市の中でも御坂町で行われていた「桃と菜の花ふるさと祭り」へ。
2021041915231743c.jpg
入場前の記名や検温、アルコール消毒など感染対策が徹底されていて好印象!
イベントは、今回が第1回目ということでしたが、山梨学院大学の学生さんを始め、地元の方々の努力で成り立っていることを実感しました。

運営スタッフをされていた学生さんも、途中、写真を撮ってくださったり、挨拶のお声がけをしていただいたり、
ホスピタリティの高さを実感しました。

それになんといってもこの絶景!
20210419142227aee.jpg

20210419142225fd1.jpg
行った時期が遅く、桃は少し散り始めていましたが、菜の花と桃のコラボレーションは最高です。

パンダ夫婦を探せ!笑
202104191422293e5.jpg
桃と菜の花ふるさと祭りの会場付近は、たくさん桃畑があって、雄大な甲府盆地の絶景の中、農家さんが受粉作業に精を出されていました。
20210419142224c23.jpg


付近のオススメグルメは…
山梨市の「一力食堂」のホルモン焼き定食。
202104191529330cd.jpg

濃いめの味付けのホルモンでご飯がススムススム!
20210419152936e5b.jpg

ご飯大盛りを頼むと丼いっぱいのご飯が出てくるので、食いしん坊な方でもお腹いっぱいで満足できるお店です。
一緒に付いてくる中華風のスープもgoodです!
20210419152934666.jpg

さて、今回は「デュアルライフのお花見」ということで、2つの拠点で過ごすメリット&お花見スポットをご紹介しました!
これは何もお花見シーズンだけに限った話ではなく、

・夏は、東京の都心は夏が暑すぎるので避暑地である山梨で過ごす。
・秋は、紅葉を山梨→東京と長く楽しむ。
・冬は、山梨にいると寒いので、東京で家籠もりや街に出てイルミネーションを楽しむ。
・でもたまにはスキーや温泉が恋しいから、そういうときだけ山梨に来て楽しむ。


など、『今住んでいるところと気候が違うところに2拠点目を持つこと」で良いところ取りがしやすくなります!
(同じような気候のところなので、良い時期がかぶってしまいどちらかしか選択できないことに…)。

こんな目線からも「山梨と東京のデュアルライフ」オススメです!

おしまい

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

パンダ夫婦

Author:パンダ夫婦
30代パンダ夫婦です!

夫は大阪、妻は北海道出身。
普段は東京で銀行員。
出会ってから、札幌→長崎→東京と転勤。

2018年に160万円で山梨県大月市に古家を購入し、東京と山梨のデュアルライフを開始。
古家を修理し、ピザ釜・囲炉裏・ツリーハウス・川床をDIY!

最近は、山梨県内での狩猟や古民家探しなどをしながら、週の半分以上山梨でテレワーク・ワーケーションもしています!

みなさんから色々とご意見・コメントをいただき、他のデュアラー・移住者の方とつながっていければ嬉しいです!

SNSは、Instagram、Twitterを使っています。
 Instagram: 『pandafufu4』で検索
 Twitter: 夫『パンダ夫婦@デュアルライフ』、妻『ゆかり|東京*山梨デュアルライフ』で検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク1

スポンサーリンク2

スポンサーリンク3

このページのトップへ