FC2ブログ

記事一覧

パンダ夫婦カフェオリジナル「自然の恵み定食」完成!山菜狩り&山菜を使ったアウトドアレシピのご紹介

スポンサーリンク

こんにちは。

最近、山梨の家でワーケーションをする機会が増えていますが、ツリーハウスでウェブ会議をする際に役に立った便利グッズです!
20210428212008584.jpg

どう使うかって?

ここにスマホを置いてスマホスタンドとして使うと、ちょうどよい高さで自分の顔がしっかり写ります。
202104282120062e8.jpg

もちろん、当初はスマホスタンドとして作ったわけではないのですが、結構重宝しています。
2021042821200570f.jpg

さて、本格的に春が到来し、山梨の山の家周辺も新緑真っ盛り!
この季節に楽しみな山の幸が、そうです、山菜です!

実は、パンダ夫婦の山梨の家周辺は、杉林に囲まれていてあまり多くの山菜はないのですが、毎週狩猟にいっているところにたくさんの山菜が生えていたので、それを使ってパンダ夫婦カフェオリジナル「自然の恵み定食」を作ってみました!

○目次
1.こごみ狩り&下処理
2.こごみ料理(天ぷら、煮物)
3.わらび狩り&下処理
4.わらび料理(天ぷら、おひたし)
5.たけのこ購入&下処理
6.たけのこ料理(たけのこご飯)
7.よもぎ狩り&下処理
8.よもぎ料理(草餅)
9.自然の恵み定食をいただきます!


さて、では山菜狩り始めまーす!

1.こごみ狩り&下処理
こごみは、クサソテツという植物の若芽のことで、山菜初心者にもオススメの山菜です。
なぜなら、こごみはアク抜き不要!

山菜の多くは、アクが強く、調理前にアク抜きが必要になるのですが、こごみは下処理なしで使える数少ない山菜です。
こごみは、湿気の多い場所を好むので、川や池の近くを探してみましょう!

写真のように複数本まとまって生えているこごみが見つかるはず。
202104282122026bc.jpg
クルッと丸まっているのが、柔らかくて美味しい証ですので、丸まっているものを採ります。
茎も食べられるので根元からポキっと折って収穫。

1株から全て採ると枯れてしまうので、2本くらいは残して採りましょう。
202104282122052e2.jpg

ちなみに旬を逃すと、こんなシダシダした感じになってしまいます…
202104282122060a7.jpg

さて、収穫したこごみは水でしっかり洗いましょう。
20210428211253ff6.jpg

20210428211244fac.jpg


特にクルッと丸まった部分に、虫などが隠れていることも多いので注意が必要です!
20210428211246308.jpg
下準備はこれで完了です。

2.こごみ料理(天ぷら、煮物)
下準備が終わったところで、早速調理開始。

まずは、天ぷらを作りましょう。

市販の天ぷら粉を水で溶いて、衣を作ります(天ぷら粉がない場合は、小麦粉140g、水200ml、卵1個を混ぜて作ります)。

油を入れたフライパンを準備。
アウトドア料理らしく、フライパンは薪&炭で加熱しましたが、温度を一定に保つのが結構難しい…
202104282111548b1.jpg

ジュワジュワー
20210428211149ec1.jpg

これで、こごみの天ぷらが完成!
202104282111525de.jpg

続いて、こごみの煮物を作ります。
パンダ♀が昔よく食べていて、好物だったと言う、うすあげとの煮物にしてみました。

鍋に、めんつゆ、みりんを入れたら、
20210428211240bbd.jpg

こごみをいれて、
20210428211243143.jpg

さらに、うすあげ(油抜き不要)を投入。
20210428211237680.jpg

3〜4分加熱すると、あっという間に完成です!
202104282112355de.jpg

食べてみるとピーナッツのような香ばしい甘みがありますね。
20210428211238b00.jpg

いやー、美味しい!
ハマってしまいそうです。

3.わらび狩り&下処理
次にわらびです。
わらびは日当たりの良い草地などに多いです。
20210428212207723.jpg

こちらもこごみと同様に、先が丸まっているものが美味しいです!
2021042821220786d.jpg
たくさん収穫できました。

わらびはアクが強いので料理の前にアク抜きが必須です。
お湯をたっぷり火にかけて沸騰させます。
20210428211320e76.jpg

そこに重曹を
202104282112567af.jpg

2つまみ入れて


20210428211249ba1.jpg




火から下ろして、わらびを投入。
202104282112506cd.jpg

このまま8時間以上置いておけば、アク抜きの完了です。
お湯が冷めたら、釜からボウルに移してOK。
202104282112475ae.jpg

4.わらび料理(天ぷら、おひたし)

さて、わらびは天ぷらとおひたしにしましょう!

天ぷらは、下準備したわらびを、こごみと同じように、天ぷら粉をつけて上げるだけ!
20210428211155ac4.jpg

美味しそうな天ぷらが揚がりました!

おひたしは、下準備したわらびを1口サイズにざく切りにして、めんつゆを入れて馴染ませれば完成!
20210428211228078.jpg

とっても簡単です!

5.たけのこ購入&下処理
お次は、たけのこです。
たけのこは残念ながら、生えているものを収穫することが出来ませんでしたが、近くのスーパー(公正屋)で300円で売られていたのでGET!
202104282109491c7.jpg
たけのこもアクが強いので、下準備が必要です。

まずはたけのこの頭の部分をカットし、さらに茹でた後向きやすいように縦方向に包丁を入れておきます。
202104282109517bf.jpg




次にお湯をたっぷり沸かして、たけのこを買ったときについていた米糠を投入。
2021042821094507f.jpg

20210428210947e07.jpg



そこにたけのこをいれて、40〜50分ほど茹でれば下準備完了です。
(たけのこの下の硬い部分にすっと竹串が通れば、茹で上がりです。)
20210428210942ee5.jpg

茹で上がったたけのこは、先程入れた包丁のラインから皮を剥きます。
20210428210936fa4.jpg

さらに包丁で2等分すれば…
202104282109376e1.jpg
みんな知っているあのたけのこの姿に!

6.たけのこ料理(たけのこご飯)
たけのこはいろんな料理に使えますが、今回はたけのこご飯&おにぎりを作ります。

羽釜に、砥いだお米、きのこ(今回はしめじ)、たけのこをたっぷり入れたら、めんつゆとみりん、醤油で味を整えて、火にかけます。
20210428210939eeb.jpg

いつも通り、始めちょろちょろ中ぱっぱの要領で、約15〜20分程度火にかければ、美味しそうなたけのこご飯の完成です!
202104282109411e5.jpg

20分ほど蒸らした後、下からしゃもじで混ぜると、
20210428210930cef.jpg

オコゲきたー!
香ばしい匂いが食欲をそそります。

このままお椀によそって、たけのこご飯として食べるのも良いのですが、
20210428210932553.jpg

この日はおにぎりにしてみました!
20210428210933f35.jpg

7.よもぎ狩り&下処理

最後に、みんながよく見るよもぎ。
よもぎは街中の公園や運動場から、山の仲間で至るところで見ることが出来ます。

この時期は、まだ葉っぱがやわらかくて美味しい時期です。
20210428211128e96.jpg

摘んできたよもぎは、
202104282111308d0.jpg

わらびと同じく重曹をひとつまみ入れたお湯で5分ほど茹でて、アクを抜きます。
20210428211041b36.jpg

茹で終わったらザルに上げて、水で洗って
202104282110428f1.jpg

202104282110338a2.jpg




しっかり水気を切って下準備は完了。
20210428211030fa2.jpg

8.よもぎ料理(草餅)
では、今回はデザートに草餅を作ります!

まずは、材料をご紹介。

○材料
下準備したよもぎ…適量
米粉…500g
砂糖…70g
水…60g
あんこ(缶詰)…2缶(約300g)

202104282110450cf.jpg
※当初きな粉餅で食べようと思っていたのですが、パンダ♀のたっての希望によりあんこ餅になりました(笑)

下準備したよもぎを包丁で細かく刻んで、さらにすり鉢&すりこ木でさらに細かくします。
20210428211032720.jpg

ここでお餅を作ります。
用意した米の粉1kgのうち、今回は半分の500g使います。
20210428211035a92.jpg

ボウルに米の粉と砂糖
20210428211036a6f.jpg

そして、水をくわえてしっかり混ぜていきます。
なめらかになるまで数十回しっかり捏ねましょう!
202104282110275fa.jpg

なめらかになったら一口大に丸めます。
火が通りやすいように、真ん中を少し凹ませました。
20210428211029469.jpg

お団子の加熱は、茹でる方法と蒸す方法があるんですが、今回は(蒸し器がないので)茹でることにしました。
たっぷりのお湯を沸かして、今作ったお団子をお湯の中に投入。
20210428210924e82.jpg

20分くらい茹でで、お団子が浮かんできたら、さらに数分茹でればOKです。
茹で上がったら、ボウルにあげます。
20210428211022464.jpg

これをジップロックのような丈夫な袋に入れて、手でモミモミ潰します。
202104300007171fe.jpg

ある程度、潰れたらすり潰したよもぎと混ぜて、さらにすり鉢&すりこ木で混ぜれば、草餅の生地が完成。

あんこは小豆から煮る時間がなかったので、コンビニで買った缶詰のものを使いました。
20210428210927f57.jpg

薄く伸ばした生地にあんこを乗せて
20210428210925ba0.jpg

クルッと丸めます。
あんこを欲張りすぎると、生地が破れてあんこが漏れ出したり、生地が足りずにあんこがはみ出すので注意です。

パンダ夫婦二人で協力して作ったので、サイズがバラバラの草餅が16個出来ました!笑
202104282110260d3.jpg

見ただけで美味しそうな草餅です。

半日かけてようやく山菜料理がすべて完成しました(仕込みも入れると前日からですが)!

9.自然の恵み定食をいただきます!
お腹が空いたので早速食べましょう!

作ったものを器に盛り付けると、パンダカフェ特性「自然の恵み定食」の完成です!
(カフェ風にしているだけなので、営業しているわけではありません)

ジャーン!!!
2021042821112739a.jpg
並べて見ると、こんな素敵な定食になりました。

場所も川の横に作ったウッドデッキで、緑を見ながら&川のせせらぎを聞きながら食べることが出来ます。
20210428211136093.jpg

炭水化物が物足りなかったので、山梨名物?の「忍野そば」と
20210428211140f02.jpg

炭火で炙った豚肉&イノシシ肉のベーコンも添えました(イノシシ肉ベーコンの作り方はまた後日ご紹介します)。
20210428211148293.jpg

202104282111334b6.jpg

こごみとわらびの天ぷらです。
庭に自生している山椒の葉っぱも天ぷらにしました。
202104282111372d4.jpg
サックサクで山菜の香りがふわっと香る美味しい天ぷらになりました。

こちらはわらびのおひたしです。
めんつゆを加えて、かつお節をかけただけの簡単な一品ですが、素材が新鮮なので癖もなくとっても食べやすい。
2021042821113133d.jpg

たけのこご飯のおにぎりも、大きめの具がとっても美味しい!
2021042821113432a.jpg
全部食べてお腹がいっぱい!

さて、食後には草餅が待っています。

これは、ツリーハウスに移動して、サイフォンコーヒーと一緒にいただきましょう!
20210428211044c6a.jpg

コーヒーをコップに入れたら、
2021042821094862f.jpg

出来上がった草餅を
20210428211018e2d.jpg

いただきまーす!
すかさず、うまーい!

ツリーハウスの席からも新緑が一望できます。
20210428211017f77.jpg

さっき自然の恵み定食を食べたばっかりですが、草餅もペロッと食べられてしまいます。
(とはいえ、さすがに全部は食べきれませんでしたが…)

今回は、自分で採った材料費0円の山菜を使って、この時期ならではの「自然の恵み定食」を作りました!

手間はかかりますが、自分で作ると本当に美味しい山菜料理を作ることが出来ます!
一方で、スーパーマーケットにいくと、こんなに手間のかかる食べ物(例えば草餅など)が安く売っていることのありがたさを改めて実感!

手作りor既製品購入のどちらかが素晴らしい!
ではなくて、これらをうまく組み合わせていくことで、食の充実感が間違いなく上がりますね。

春は特に自然の恵みを感じる季節。
もう既に来年の春が来るのが楽しみです!笑

おしまい

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

パンダ夫婦

Author:パンダ夫婦
30代パンダ夫婦です!

夫は大阪、妻は北海道出身。
普段は東京で銀行員。
出会ってから、札幌→長崎→東京と転勤。

2018年に160万円で山梨県大月市に古家を購入し、東京と山梨のデュアルライフを開始。
古家を修理し、ピザ釜・囲炉裏・ツリーハウス・川床をDIY!

最近は、山梨県内での狩猟や古民家探しなどをしながら、週の半分以上山梨でテレワーク・ワーケーションもしています!

みなさんから色々とご意見・コメントをいただき、他のデュアラー・移住者の方とつながっていければ嬉しいです!

SNSは、Instagram、Twitterを使っています。
 Instagram: 『pandafufu4』で検索
 Twitter: 夫『パンダ夫婦@デュアルライフ』、妻『ゆかり|東京*山梨デュアルライフ』で検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク1

スポンサーリンク2

スポンサーリンク3

このページのトップへ