FC2ブログ

記事一覧

山梨では常識!レトロな製麺機をレストアしてうどん作り②(レストア・分解編)

スポンサーリンク

こんにちは!

段々と暖かくなってきて、山梨の家の庭の緑もニョキニョキ。

2年前に植えて虫に葉っぱを食べられて枝だけになっていたブラックベリーは花を咲かせ、
20210521175802a28.jpg

北海道に住んでいるパンダ♀のお父さんが持ってきてくれたホースラディッシュ(西洋わさび)は葉っぱを伸ばし、
20210521175801b53.jpg

日陰でも育つ植物を育てようと思って植えた大葉やクレソン、みつばは芽を出し始めました!
20210521175759db5.jpg

去年は、梅雨が長くて根が腐って枯れてしまったり、虫に全部食べられてしまったりと、なかなかうまくいきませんでしたが、今年こそは収穫できるように頑張って育てていきたいと思います。

新緑と合わせて、虫も少しずつ増え始め…
ストーブをしまったばかりの山梨の家では、梅雨を前にもう蚊取り線香が登場しています!

さて、今回は前々回ご紹介した「レトロな製麺機でのうどん作り」の続きです。
前回、4,000円で購入した錆だらけ、汚れだらけの製麺機を、レストア(きれいにして元通り使えるようにすること)する方法をご紹介させていただきます。

○目次
1.分解する(2時間)
2.洗浄する・乾燥する(8時間)→ドライヤーで乾燥させれば約2時間
3.組み立てる(0.5時間)
4.うどんを作ってみる(1時間)


レストアからうどん完成まで約11.5時間。
一番時間がかかる乾燥は夜寝ている間に乾いてくれるので、土曜日の午後作業を始めれば、日曜日のランチは美味しいうどんを食べることが出来ると思います(製麺機の錆の状況等にもよりますが…】

それぞれ、かなり細かく説明する分、結構なボリュームがあるので、今回は分解、次回は洗浄&組み立て、最後にうどん作りと記事を3回に分けさせていただきます。

では、早速始めましょう!

1.分解する
まずは、分解から。
レストアの分解、洗浄、組み立ての3つの作業の中で一番手こずったのがこの分解。

この時点では製麺機の構造が十分理解できていなかったので、あーでもないこーでもないと手戻りの時間がかかってしまいました。

これが購入したときの状態です。
20210521175555e16.jpg

2021052117555361d.jpg

20210521175556dbb.jpg

ハンドルやローラーの切り替えは何とか出来ましたが、見てのとおり錆がヒドイ状態【まぁ4,000円だから仕方ないよね…)。

まずは準備するものから。
20210521175552981.jpg

写真の左側から順番に、
・ペンチ(ラジオペンチでも代替可能)
・プライヤー(ラジオペンチでも代替可能)
・ドライバー(マイナス)
・精密ドライバー(マイナス)
・モンキーレンチ
・金づち

工具は、100均に売っているような安いものでも十分です。

では最初に、底の部分についている木の板をモンキーレンチとマイナスドライバーで外します。
20210521175550696.jpg

通常は、ボルト側をマイナスドライバーで固定しながら、ナット側をモンキーレンチで回せば外れるはずなのですが…一部錆が酷くて溝がなくなってしまっていたので…
20210521175549c9e.jpg

無理やり引き抜きました!
20210521175547089.jpg

これで木の板が外れました。
20210521175546cf7.jpg

ボルト&ナットはこんなにもサビサビ!
20210521175544254.jpg
木の板は、かなり劣化が進んでいたので、再利用せずに薪にしてしまいます。

続いて、溝なしローラーの下にあるボルトをモンキーレンチで外して、
20210521175543014.jpg

ハンドル&溝ありローラー側(左)と、溝なしローラー側(右)の2つに分けます。
20210521175540372.jpg

では、まずはハンドル&溝ありローラーの方から分解します(最 後はバラバラに出来ればOKなのでどちらからやってもOKです)。
20210521175538e40.jpg

ローラーの左右に挟んである木のプレートを取り外します。
20210521180451282.jpg

側面に小さなネジが売ってあるので、精密ドライバーで外します。
202105211807031df.jpg

20210521180704935.jpg

すると木のプレートが外れました。
20210521175534ac2.jpg

次にローラーを裏返して、溝がちょうどハマるように取り付けられている櫛を外します。
20210521175533e2d.jpg

こちらはマイナスドライバーでネジを外すだけで簡単に外れます。
20210521175441ca0.jpg

次にハンドルに付いているネジを外します。
20210521180916e25.jpg

これは手で回すと簡単に外れると思います。
ハンドルも一緒に外しちゃいます。
20210521175438277.jpg

かなりシンプルになってきました。
2021052117543716a.jpg

次に側面についている小さな歯車を外します。
20210521181132bff.jpg

20210521181134787.jpg

ピンが錆びて折れないか心配でしたが、無事に外すことが出来ました。
20210521175434f43.jpg

それにしても錆がすごい!
20210521175431079.jpg

次に反対側の歯車も外します。
歯車の中心がピンが入っているのですが、
20210521175429545.jpg

歯車を少しスライドさせると、
20210521175428249.jpg

このように出てくるので、ペンチで引き抜けばOKです。
20210521175427f44.jpg

これで歯車を軸棒から外すことが出来ます。
20210521175425632.jpg

もう1つも同じ要領で外します。
2021052117542361e.jpg

途中歯車やピン、軸棒が錆びて、動かなくなってしまっている場合は、無理やり動かさずに、KURE5-56をスプレーして、10分くらいそのままにしておきましょう。
2021052117541997d.jpg
びっくりするほど効果抜群です!

これで軸棒に付いているのは溝ありローラーだけになりました。
202105211754205ef.jpg

これで簡単に抜けるか?
と思ったらまだ抜けません。

よくよく見ると
202105211754168c0.jpg
こんなところに先程と同じ固定用のピンが隠れていました。
20210521181502603.jpg
隙間がタイトでペンチが入らなかったので、フライヤーを使って外しました。

錆がひどい場合、このピンがなかなか顔を出してくれない場合も多いのですが、その場合は軸棒を金づちで軽く叩いて上げましょう(あくまで軽くです)。

この2本のピンを取ることができれば、全てバラバラにできちゃいます。
202105211754141b5.jpg

バラバラー。
20210521175413cda.jpg

では、続いて軸なしローラー側です。
まずはローラー上部についているネジをマイナスドライバーで外します。
2021052117533738a.jpg

上の部分だけ外れます。
202105211753352d7.jpg

汚れてはいますが、ローラーはまだまだキレイ!
20210521175334a43.jpg

先ほどと同じようにローラー左右についている木のプレートを外します。
20210521181647663.jpg

20210521175332203.jpg

外れました。
20210521175331a8e.jpg

大きい歯車の真ん中についているピンを外して、
20210521175328fd6.jpg

大きい歯車を取り外します。
20210521175326db3.jpg

大きい歯車を外したところの軸棒を少しズラすと、ピンがヒョッコリと顔を出しますので、これを抜きます。
20210521181802ff9.jpg

ここでローラーの裏側(下側)についているカバーを外しておきましょう。
20210521175321d9c.jpg

ネジを外せばすぐに外れます。
20210521175319b86.jpg

次に、大きい歯車とは反対側に付いている2つの小さい歯車を外します。
2021052117532405d.jpg

これは、溝ありローラーの時と同じく、歯車の真ん中にピンが隠れているので
KURE5-56をスプレーしてから、軸棒をスライドさせます。

顔を出したピンをペンチで取り外し。
20210521175322beb.jpg

さらに、溝なしローラーに隠れているピンを外すと
2021052117531667b.jpg

20210521182013c44.jpg

ローラーと軸棒がバラバラに。
202105211753148be.jpg

最後にローラー横についているネジと
202105211821452af.jpg

バネで固定されている部品を外すと、
20210521182146758.jpg

これでようやくすべてがバラバラに。
バラバラバラバラー。
20210521175309be7.jpg

組み立てるときにわからなくなったら困るので、外した部品ごとのグループでまとめて、写真を撮っておきました。

(よっぽど丁寧に1つずつ洗浄しない限りは)洗浄するときにごちゃまぜになってしまいますが、ここで一度撮影しておくと、後から振り返ることができます。

さて、おそらくレストラする人にしか役に立たないかなりマニアックな内容でしたが、長くなってきましたので今回はここまでにさせてください。

次回はレストアの後半編として、洗浄方法と組み立て方法について詳しくご説明します!

おしまい

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

パンダ夫婦

Author:パンダ夫婦
30代パンダ夫婦です!

夫は大阪、妻は北海道出身。
普段は東京で銀行員。
出会ってから、札幌→長崎→東京と転勤。

2018年に160万円で山梨県大月市に古家を購入し、東京と山梨のデュアルライフを開始。
古家を修理し、ピザ釜・囲炉裏・ツリーハウス・川床をDIY!

最近は、山梨県内での狩猟や古民家探しなどをしながら、週の半分以上山梨でテレワーク・ワーケーションもしています!

みなさんから色々とご意見・コメントをいただき、他のデュアラー・移住者の方とつながっていければ嬉しいです!

SNSは、Instagram、Twitterを使っています。
 Instagram: 『pandafufu4』で検索
 Twitter: 夫『パンダ夫婦@デュアルライフ』、妻『ゆかり|東京*山梨デュアルライフ』で検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク1

スポンサーリンク2

スポンサーリンク3

このページのトップへ