FC2ブログ

記事一覧

作業時間たった60分の簡単DIY!地球にも財布にも優しい未来型コンロ・ロケットストーブを作る

スポンサーリンク

こんにちは!

半年くらい前から、SNSを通じて会いたいとご連絡をいただいていたローカルディスタンスの方々が、先日パンダ夫婦の山梨の家にお越しくださいました(こんなご時世でもあったので、設営が遅くなってすいません…)。

ローカルディスタンスとは、大月市内で活動する移住者が作ったクリエイター集団。
大月市の魅力などを紹介した動画をYouTubeで発信しており、今回は取材という名目でお越しいただきました。

ローカルディスタンスのYouTubeチャンネルはこちら! 私
達も知らなかった大月市の魅力的なスポットが沢山紹介されていて面白いので、ぜひチャンネル登録してみてください。

※そのうち、今回のパンダ夫婦の紹介動画もアップされるはずです。

今回は、パンダ夫婦のデュアルライフでの活動や施設を紹介してほしいとのことだったので…
母屋やツリーハウス、囲炉小屋のDIY、原木きのこ栽培、ニホンミツバチの養蜂などなど、一通り施設や活動の紹介をした後、一緒にピザ窯でピザを焼いたり、山梨のレトロ製麺機でうどん作りをしたり、ツリーハウスでコーヒーを淹れたりと、いつの間に取材を忘れて私達も楽しませてもらいました。

20210527172649a61.jpg

20210527172446f5a.jpg

20210527173047791.jpg

20210527172647f60.jpg

20210527003600889.jpg

20210527172444b2e.jpg


今回、お会いするまでもSNSを通じて存在や活動内容は知っていたのですが、始めて会って感じたのは、
大月市の町おこしを一生懸命考えていること」
「失敗を恐れずにアクションにつなげていること」
そして何より「楽しんで活動していること」
が特に素晴らしいと感じました!

会社では、今の部署が比較的年齢層が高く、若手という位置づけになってしまっているパンダ♂ですが、みなさんのポジティブなパワーに感化され、自分も何かやらねばという気持ちに…

私達も、東京の友人・知り合いを大月市に呼んで一緒に過ごすことや、デュアラー通しで交流することは行ってきましたが、大月市の方との交流はほとんどなかったので(もちろん、コロナの感染拡大の影響もあったので)、これからは、大月市を盛り上げるために、少しずつお手伝い出来ればと思っています!

さて、今回は、ロケットストーブのDIYについてご紹介します。
実は、このロケットストーブ。 6〜7年前に読んだ藻谷浩介さんの「里山資本主義」の中で、燃焼効率が良く、里山・山林を有効活用できる新しいアイテムとして紹介されているのを見て以来、ずっと作ってみたいと思っていたもの。
202105270030414a9.jpg

ただ、当時は都市部にしか拠点のなかったパンダ♂(当時は独身)にとっては、作って・使える場所がなかったこともあり、そのまま記憶の彼方に…

そんな、数年来の記憶を思い出したのが、毎週日曜日の夜にやっているポツンと一軒家。
20210527002917d16.png

元々、テレビを見る時間が少ないパンダ夫婦にとって、数少ない(ほぼ)毎週見ている番組です。

番組の中で、ポツンと一軒家の住人が、お金をかけない生活をする中でロケットストーブを使っているのを見て、「里山資本主義」を読んだときのワクワクした気持ちが復活。

当時は実現できなかったことですが、今は大月市の山の中に新たな家があり、さらにラッキーなことにスギ林の中にある我が家では枯れ葉も枝も取り放題!

スギなどの木材は、(木を切った分だけ再造林すればという前提ですが)化石燃料と違って消費の一方通行ではなく、カーボンニュートラルが実現可能なので、SDGsなどを踏まえた持続可能なライフスタイルが求められるこれからの時代にピッタリな調理器具なのです。

そんなロケットストーブを今作らないで、いつ作るんだ!ということで、早速ロケットストーブDIYに着手します。

ちなみに話が横にそれてしまいますが、実は大月市も過去ポツンと一軒家に登場したことがあるみたいで…それがこの「薬草膳処 じゅん庵」さん。
202105270032510ff.jpg

初狩駅近くのまさにポツンと一軒家というべき、山の中にあるお食事処で、よもぎなどの野草を使った薬膳コース(要予約)を味わうことが出来る大月の隠れたオススメスポットです。

パンダ夫婦も以前薬草料理教室に参加させてもらったことがありますが、とっても元気で精力的な先生が身の回りにある山菜・野草について教えてくれる素敵な教室です。

こちらも興味があればぜひ申し込んでみてください!

さて、話が脱線してしまいましたが、ロケットストーブの作り方に入っていきます。

○目次
1.仕組み
2.準備するもの(材料・道具)
3.作り方(DIY手順)
4.使い方(火を起こす・料理する)

1.仕組み
さて、まず最初にロケットストーブがなぜ燃焼効率が良いのか?について考えたいと思います。
ロケットストーブの燃焼効率を説明する上で重要なものが煙突です。

デュアルライフや田舎暮らしをされている方なら、薪ストーブや竈、薪ボイラーなど、火を炊く施設に煙突が付いているのはよく目にすると思います。

では、煙突ってなんのために付いているのでしょうか?
100人いれば、90人はこう答えると思います。
「煙を屋外に排気するため」

大正解です!

ただし、煙突はそれ以外にも機能があります。
それは、薪ストーブや竈など燃焼室内から煙突の排気口に向かって上昇気流を発生させ(焚き口から燃焼室街の冷たい空気を吸い上げながら)、燃料を燃えやすく、かつ高温で安定させることで燃焼効率を上げる機能。

煙突効果・ロケットストーブ

実は、この上昇気流は、「煙突の排気口の高さ」と「煙突の温度」が上がれば、強くなります。 これを「煙突効果」と呼びます!
煙突効果・ロケットストーブ (1)
 なるほど! だから煙突の排気口って屋根など高いところにあるんですね! (排気だけなら、煙突を真横に伸ばして、屋外に排気口を作れば良いはず)。 ロケットストーブも、①排気口の高さを確保すること、断熱材を使って②煙突内の温度(外気温との差)を高めることによって、煙突効果で高い燃焼効率を実現しています。 
煙突効果・ロケットストーブ (2)


2.準備するもの(材料・道具)
それでは、DIYを始めます。
まずは、準備する材料から。

20210527004615c63.jpg

ステンレス煙突 直筒(太さ:φ106mm、長さ:1,000mm)✕1本…約1,000円
ステンレス煙突 T字管(太さ:φ106mm)✕1つ…約1,000円
ステンレス煙突 エビ曲(太さ:φ106mm)✕1つ…約1,000円
ペール缶(20L)✕2つ…約1,800円
パーライト(18L)✕3袋…約1,700円
アルミテープ(10m)✕1本…約400円
火おこし用ゴトク✕1つ…約600円
針金(2mくらい)…家にあったもの。

材料費は合計で約7,500円です。

続いて、道具。
20210527004614711.jpg

右からペール缶に煙突を通す穴を開けるための、ディスクグラインダー、ペンチ。
ペール缶通しを固定するためのインパクトドライバー。
それにディスクグラインダーを使う際に使用する保護メガネです。

ちなみにロケットストーブの出来上がりはこんなイメージです。

煙突効果・ロケットストーブ (3)

3.作り方(DIY手順)
では、作業開始です。

まずは、ディスクグラインダーを使って、ペール缶のうちの1つに煙突を通すための穴を開けます。
20210527004612a3d.jpg

ディスクグラインダーで円形に切り取るのは無理なので、ホールケーキを12等分にカットするように切り目を入れ、
20210527004609075.jpg

20210527004606b7b.jpg


ペンチを使って、ペール缶の内側に折り込みます。
20210527004605f61.jpg

完全な円ではありませんが、煙突を通すための穴が開きました。

エビ曲の煙突を通して内側からみるとこんな感じです。
2021052700452281b.jpg

ライオンのたてがみののようなビジュアル!
そこにT字管の煙突を接続します。
202105270045241e7.jpg

これでペール缶の下の段はOKです。
2021052700455952f.jpg

次に、今加工しなかったペール缶の底に今と同じように煙突を通す穴を開けます。
20210527004521932.jpg

さっきは、煙突のサイズギリギリに穴を開けたのですが、今回は開ける穴の直径が煙突のサイズ+2cmくらいになるようにします(理由は後ほど)。

さっきと同じようにディスクグラインダーでホールケーキカットをして、
20210527004519000.jpg

ペンチで内側に折り込みます。
20210527004518454.jpg

実際に直筒の煙突を通してみると、煙突のサイズよりも少し大きめの穴が開いたことがわかります。
20210527004517921.jpg

続いて、下の方に置くエビ曲とT字煙突を接続したペール缶と、直筒の煙突を通したペール缶を接合するための穴を開けます。

最終的に、ペール缶通しに針金を通して接合するので、上のペール缶の穴の位置と、下のペール缶の穴の位置がぴったり上下で合うようにマジックでマーキングした上で、
2021052700451358c.jpg

2021052700451043e.jpg

インパクトドライバーで穴を開けます。
2021052700451534a.jpg

上下のペール缶をしっかり接合されるように、少し多めの16箇所穴を開けました。

2021052700450003f.jpg

ここまで出来たら、さっきエビ曲とT字の煙突を接続した方のペール缶内の煙突を針金で固定します。
2021052700450725c.jpg

ペール缶には、最終的に断熱材であるパーライトを充填するのですが、パーライトだけでは煙突がグラグラしてしまうので、予め針金で固定します。

針金は今開けた穴に通して固定しましょう。
針金でグルグルに包囲しました。 これで動かないはず…

煙突が固定されたら、煙突と針金の隙間にパーライトを充填します。
20210527004509b18.jpg

見た目とは裏腹に吹けば飛ぶように軽いパーライト。 途中何度もペール缶を地面でトントン当てて、細部までパーライトがしっかり充填されるようにしておきましょう。
20210527004506673.jpg

穴の隙間からパーライトがもれないようにT字煙突の隙間はアルミテープで埋めておきます。
202105270045041cc.jpg
パーライトでペール缶がいっぱいになりました。
2021052700450162e.jpg

ではここで上のペール缶と結合します。
さっき穴を開けた場所に針金を通して、
20210527004423069.jpg

針金をグルグルひねることで固定します。
20210527004422eed.jpg

飛び出している針金は危ないので、カットして小さく収納します。
20210527004421d11.jpg

針金で固定するときに、上の針金の固定作業を1つずつ順に進めてしまうと、最後の方の針金を穴に通せなくなってしまうので、予めすべての穴に針金を通した上で、針金の固定作業は行うようにしましょう!
20210527004457100.jpg

これで、上下のペール缶がしっかり固定されました。
202105270044188fa.jpg

さて、このままでは上のペール缶にパーライトが全く入っていないので、パーライトを充当します。
このとき、パーライトを入れることが出来るのが、上のペール缶の煙突と穴の隙間のみ!
20210527004355c2e.jpg

先程この穴を開けるときに、両側1cmずつ程度大きく穴を開けたのは、最後にパーライトを充填するためでした。
ここでもパーライトを隙間なく充填するために、出来上ったロケットストーブを地面にトントンと当て、出来た隙間にパーライトを充填するという作業を繰り返し行います。
20210527004416de2.jpg

最終的にパーライトは2個と半分(45L)くらい使いました(ペール缶が2つで40Lのはずなので、煙突のスペースも含めると、少し計算が合わない気もしますが…)。

最後に、直筒の煙突を使いやすい長さにディスクグラインダーでカットして、完成です! (煙突の排気口と置く調理器具の間に1cmほどの隙間があればOKです)。
20210527004413021.jpg

この時は、ゴトクがなかったので、囲炉裏小屋で使っている高さのあるものを置いてみました。
2021052700441010e.jpg

4.使い方(火を起こす・料理する)
では、早速ロケットストーブの火力&燃料効率を試してみたいと思います。
パンダ夫婦の山梨の家の周りには、スギの枝&葉っぱが使い切れないほどあるので、それを使ってお湯を沸かしたいと思います。
202105270044047db.jpg

火起こしです。
まずは、杉の葉っぱと杉の枝をT字管の部分に押し込みます。
2021052700440370a.jpg

そして、チャッカマンで点火。
20210527004401e9e.jpg

スギの葉は一部のキャンパーの間で火力のドーピングと呼ばれるほど(噂ベースで実態は定かでありませんが)、火がつきやすくて高火力! あっという間に火力があがっていきます。

この時、スギの葉っぱをT字管の少し奥側に押し込んであげると、煙突効果が本領発揮! 上昇気流発生&焚き口から空気を吸い込み、ゴーっという音をたてながらあっという間に火力MAXに!
20210527004357446.jpg

動画です。
スギの葉っぱが燃えている時は、びっくりするくらい強火です。
最初、スギの葉っぱを中心に強火を維持したこともあって、いっぱいに入れたやかんの水は4,5分であっという間に沸騰。
20210527004052161.jpg

20210527004054723.jpg

ロケットストーブすごい!
うちはスギの葉っぱ&枝は無料なので、これで燃料費0円が実現です。
今まで調理時にカセットコンロを使っていたこともあったので、コスト削減につながりますね。

さて、これで一旦完成はしたのですが、囲炉裏小屋のゴトクがなくなると困る&少し不安定だったので、ホームセンターで新しいゴトクを買ってきました。
202105270040469c3.jpg

ホームセンターには、炭をガスコンロで火起こしするときのゴトクしかなかったので、中央部分をディスクグラインダーでカットして、使います。

Before
20210527004043e28.jpg

After
20210527004040629.jpg

新しいゴトクの高さに合わせて、煙突の排気口もカットしました。
さらに、ゴトクがしっかり固定されるようにペール缶にインパクトドライバーで穴を開けて、
20210527004026ec8.jpg

ゴトクの脚がハマるようにしています。
2021052700403305d.jpg

最後に、水が入ったり、パーライトが風で飛ばないように煙突と穴の隙間をアルミテープで埋めて完成です。
早速こっちでも火をつけてみましたが…
20210527004032940.jpg

囲炉裏のゴトクを使っていた時と比べて多少火力ダウン…
排気口の高さが短くなっているので想定はしていたのですが、たかが15cmくらいの煙突カットでも火力に大きな差が出てしまいました!

煙突効果恐るべし!

ただ、調理には今の火力でも十分なので、このまま使おうと思います。

この日は、早速ランチにロケットストーブを使ってクッキング!
さらに、ディナーもロケットストーブ&ダッチオーブンです。
2021052700403008e.jpg

調理には十分すぎる火力です。

また、ガスコンロと違って、スギの燃焼が落ち着いて火力ダウンした後でもそのままにしておくと、加熱が続くので、煮込料理にもピッタリです。

東京で毎月何千円もガス代を払っているのが馬鹿らしくなるくらい、使いやすくて便利です。

使い終わった後に、煙突の中をチェックすると、燃焼効率が良いからかしっかり燃え尽きて真っ白になったスギの葉っぱ&枝が出てきました。
2021052700402810c.jpg

前オーナーが置いていった廃材&薪も量が減ってきたので、燃料が使い放題のロケットストーブが、パンダ夫婦のデュアルライフでコスト削減に一役買ってくれることは間違いなし!

おしまい

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

パンダ夫婦

Author:パンダ夫婦
30代パンダ夫婦です!

夫は大阪、妻は北海道出身。
普段は東京で銀行員。
出会ってから、札幌→長崎→東京と転勤。

2018年に160万円で山梨県大月市に古家を購入し、東京と山梨のデュアルライフを開始。
古家を修理し、ピザ釜・囲炉裏・ツリーハウス・川床をDIY!

最近は、山梨県内での狩猟や古民家探しなどをしながら、週の半分以上山梨でテレワーク・ワーケーションもしています!

みなさんから色々とご意見・コメントをいただき、他のデュアラー・移住者の方とつながっていければ嬉しいです!

SNSは、Instagram、Twitterを使っています。
 Instagram: 『pandafufu4』で検索
 Twitter: 夫『パンダ夫婦@デュアルライフ』、妻『ゆかり|東京*山梨デュアルライフ』で検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク1

スポンサーリンク2

スポンサーリンク3

このページのトップへ