記事一覧

別荘の天井板張り替えDIY(初心者でもできる天井板の張り替え)

スポンサーリンク

こんにちは!
購入した時から早く直さないといけないと思っていてなかなか手が付けられていなかった寝室の天井板張り替えを、今回のゴールデンウイークでようやく実施することができたので、今回はその内容をご紹介させていただきます。

元々天井板の張り替えなんてめちゃくちゃ難易度高いんじゃないか、、、
と思っていましたが、今回実際にやってみて、やる気と本人以外1名のサポートがあれば、意外と簡単にできる!
ということもわかりましたので、ぜひ初心者の方も今回の内容を参考にして、やってみてください!

天井板の張り替えに入る前に、修理する前の天井がどんな感じだったかというと
201905100032211dc.jpeg

20190510003223f98.jpeg

201905100032302b1.jpeg
こんな感じです。
天井板は2~3mmくらいのベニヤ板が張られていましたが、それが少し落ちてきていました。
それを前の持ち主さんが、ガムテープで止めていたようです。

張り替えるにはまず今の天井板を取り外す必要があります。
本当はバールが欲しかったのですが、あいにくうちにはバールはありません。
20190510003234ed5.jpeg
金づち、ノコギリ、ペンチなどを使って1つずつ天井板をはがしていきます。
2019051000324153b.jpeg

201905100032544bc.jpeg
あれ!実は寝室の天井にグラスウールの断熱材が入っていたことを初めて知りました、、、
断熱材入っててもこんなに部屋の中が寒いのか、、、

20190510003303d3e.jpeg
これはなんでしょう?
海でよく見かけるフジツボのようなものが柱の至るところに付着しています。

後ほどインターネットで調べると、これはドロバチと呼ばれるハチの巣のようです。
ドロバチは、ドロバチ科のハチの総称でその名の通り泥を集めて巣を作るようです。
別荘など自然の多いエリアではよく問題になるスズメバチのように集団で生活せず、また性格も比較的おとなしいことから、あまり害になることはないようですが、、、
一応毒を持っているハチとのことなので、巣を駆除していきます。

幸運にも別荘の屋根裏にあったドロバチの巣は、ほとんどがもう使われていない巣だったので、ホウキや木材で叩けば簡単に崩れていきます。
無事にドロバチの巣の駆除完了です。
一般的にドロバチは子供を産むと、親は巣に子供とエサを残して巣を離れてしまうみたいです。
今回は、巣の中にドロバチはいませんでしたが、場所や時期によってはドロバチの巣を壊すことで中にいるドロバチが外に出てきてしまうリスクもあるようなので、念のため十分にご注意いただいたうえで駆除してください。

スポンサーリンク



次に
左の手前の柱を見てください!
201905100033026e8.jpeg
なんかこの柱だけ色が変わっていますよね?

これは、ネズミのおしっこの痕のようです。
どおりでこの柱臭います!
実は、天井の断熱材を除去している時に、ネズミにかじられたのではないかと思われる小さな断熱材の破片を山ほど見つけていました。

どうやらこの別荘の天井裏を住処としていたのでしょう。

そもそもなんで別荘の天井裏がネズミやドロバチの住処になっているかというと、、、
20190510003305ccf.jpeg
実は屋根裏の柱と壁に結構大きな隙間が空いているんです!
同じような隙間がそれも片手じゃ数えきれないくらいいっぱいあります。

これでは今回せっかくキレイに掃除しても、すぐに新しいネズミやドロバチの住処に逆戻りです。
そこで、この穴はパテとシリコンを使って埋めてしまうことに。
天井裏の狭いスペースを動き回ることになり、結構大変な作業でしたが、たくさんあった隙間をすべて埋めることができました。
これで、ネズミやドロバチの侵入を気にすることもありません。

次に、古くなった天井裏の柱に改めて防腐防虫材を塗っていきます。
20190510003306e81.jpeg

次は、天井板を張るための柱の補強をしていきます。
実は元々の天井板は30年以上前にこの別荘が作られときからのもののようで、、、
天井裏の柱と廻り縁(天井と壁の境界にある木材)の間に挟みこむ形で固定されていました。

新たな天井板をこの隙間に挟み込むのは困難なので、新たな天井板の外枠がしっかり固定されるよう、既存の柱に抱き合わせる形で柱の補強をしていきます。
20190510004147809.jpeg
少しわかりにくいですが、部屋の外枠の柱の内側に新たな木材(薄い色の木材)が補強しました。

ここまで、準備が整えば天井板を張る作業に移ります。

元々ベニヤ板が張られていた天井ですが、改めて貼る場合には何がよいのでしょう?
調べてみると天井板に主に使われているのは、以下の2つの素材が多いようです。

木材:日本家屋では昔から使われてきた素材。木材の形状や種類によって様々だが一般的に値段は高め。吸湿性や断熱性が高いものが多い。

石膏ボード:石膏を板状にして板紙で包んだもの。耐久性、不燃性、断熱性、遮音性に優れ、何よりも安価で(1枚300円前後)利用しやすい。

今回は価格が安く、近くのホームセンターでも簡単に手に入れることができた石膏ボードを天井板として使うことにしました。

しかし、この石膏ボード、でかくて重い、、、
最初はパンダ♂1人で作業していたので、脚立と家にあったカラーケースなどを使って、ビス打ちを試みましたが、、、
20190510003305820.jpeg

201905100033051cb.jpeg

20190510003303842.jpeg
打てなくはないけど、ボードがずれてきれいに打てない、、、

困っていたところに強力な助っ人パンダ♀のお父さんが登場です!

石膏ボードを天井のサイズに合わせて、電動ノコギリでカットし、
20190510002624ac5.jpeg

2019051000262644b.jpeg
天井に固定していきます。
2人だと1人が石膏ボードの固定、1人がビス打ちと分業できるので、サクサク作業が進みます。
2019051000263006c.jpeg

20190510002630f07.jpeg

ビスを打つ際には、ビスの頭が石膏ボードに少し埋まるくらいにしましょう。
ビスの頭が出ていると、最後壁紙を張る際に壁紙が浮いてしまいます!

天井板を張ったら上に新しい断熱材(グラスウール)を敷いていきます。
20190510002621111.jpeg

20190510002622205.jpeg
もう二度とネズミの住処になることはありませんように、、、

電気コードの部分を切り抜いた最後の石膏ボードを張り終えたら、天井板張りは完了です。
20190510002632a13.jpeg

次に、石膏ボードと石膏ボードの隙間やビスを打ち込んだところに「かべパテ」を塗って、天井がフラットになるようにします。
201905100032465f2.jpeg

20190510002855b35.jpeg

20190510002854d4a.jpeg

フラットにするのはなかなか難しい、、、

かべパテを塗ったら乾くまで待ちます。
夏でも4時間程度は乾くまでに時間がかかりますので、私たちは翌日また作業しました。

かべパテが乾いたら、最後に壁紙を張っていきます。

今回使用した壁紙はあらかじめのりが塗られているタイプだったので、霧吹きで十分に濡らして壁紙を伸ばしていきます。
2019051000270428d.jpeg
壁紙が十分に伸びたところで、天井の石膏ボードに貼り付け、中に残った空気をハケを使って抜いていきます。
20190510005108e47.jpeg
一枚終わったら同じ要領で壁紙をドンドン貼っていきます。

少し乾いたところで、外枠のはみ出した箇所や壁紙が重複している箇所をカッターで切り取れば、無事壁紙貼りの完了です。
201905100051075d6.jpeg

今回は、ビスの打ち込みが甘かったり、かべパテがフラットに伸ばせていなかったりで壁紙に少し凹凸ができてしまっています。

また、壁紙の中の空気を完全に伸ばせなかったり、一部壁紙の重複箇所が切り取れなかったりと、うまくいかない箇所もありましたが、、、
20190510005109c49.jpeg
完成しました!!
よくよくみると汚い箇所もありますが、遠くから見るとなかなかきれいに貼れています!
(まだまだ修行中ということで細かい箇所はお許しください)

丸2日がかりのそれなりに大変な作業でしたが、初心者でも天井の張り替えを無事完了することができました!

1人でもできなくないですが、やはり1人で良いのでサポートがあった方が、かなり効率性が向上します。
パンダ♀のお父さんありがとうございます。

ちなみに天井張り替えにかかった費用は、約8,000円。

・石膏ボード 5枚 1,690円(338円/枚)
・かべパテ 2つ 1,192円(596円/枚)
・壁紙 5枚 5,400円(1,080円/枚)
※防腐剤・ビスは既に持っているものを活用したため、コストに加えていません。

業者さんにお願いすると何十万円と言われていたので、DIYすることでかなりコスト削減ができました。
自分で張り替えた思い入れのある天井の下で寝るのは感慨深いものです。
20190510005336d66.jpeg

一方で、DIYしてみて、改めて建設業者の工事の質の高さも実感しました。
毎回高いクオリティを維持し続けるのって大変ですね!

翌日は全身筋肉痛でしたが、これに懲りずDIYにチャレンジしていこうと思います!

スポンサーリンク1

スポンサーリンク2

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

パンダ夫婦

Author:パンダ夫婦
東京在住30代のパンダ夫婦です。

趣味はキャンプや登山、旅行、料理、美味しいものを食べること。
アウトドア好きで、休みの日には家でおとなしくできないタイプ。

出身はふたりとも関東外(大阪と北海道)で数年前まではずっと地方を転々としていましたが、会社の転勤でついに東京住まいに。

都会生活の中でリフレッシュ&リラックスできる場所として、2018年に山梨県東部に別荘を購入し、東京と山梨のデュアルライフ(二拠点生活)を開始しました。

関東の高速道路の渋滞が嫌いということもあり、あまり見かけない電車利用デュアラーです(新幹線デュアラーはいると思いますが)。

築30年以上の古い別荘を格安で購入したので、色々と手直しが必要な箇所も多いですが、夫婦2人でデュアルライフを作り上げていくために毎週奮闘しています!

家にネズミやムカデが出たり、急な雨漏りが発生したり、せっかく植えた野菜の芽が虫に食べられたりと毎週のようにハプニングもありますが、都会ではイライラの原因になるハプニングも、山梨でなら楽しむ余裕も出てきました!

山梨デュアルライフで取り組んでいるDIYや家庭菜園、周辺のオススメ観光スポット、登山、美味しいもの、みんなが知りたいデュアルライフの実態(お金事情や節約術、毎週の過ごし方)、たまに東京の都会生活などなど、たくさん発信していこうと思います。

デュアルライフもブログも初心者なので、みなさんから色々とご意見・コメント頂ければうれしいです!

先輩デュアラーとも交流したい!!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク1

スポンサーリンク2

スポンサーリンク3

このページのトップへ