記事一覧

別荘の天井板張り替えDIY(初心者でもできる天井板の張り替え)

スポンサーリンク

こんにちは!
購入した時から早く直さないといけないと思っていてなかなか手が付けられていなかった寝室の天井板張り替えを、今回のゴールデンウイークでようやく実施することができたので、今回はその内容をご紹介させていただきます。

元々天井板の張り替えなんてめちゃくちゃ難易度高いんじゃないか、、、
と思っていましたが、今回実際にやってみて、やる気と本人以外1名のサポートがあれば、意外と簡単にできる!
ということもわかりましたので、ぜひ初心者の方も今回の内容を参考にして、やってみてください!

天井板の張り替えに入る前に、修理する前の天井がどんな感じだったかというと
201905100032211dc.jpeg

20190510003223f98.jpeg

201905100032302b1.jpeg
こんな感じです。
天井板は2~3mmくらいのベニヤ板が張られていましたが、それが少し落ちてきていました。
それを前の持ち主さんが、ガムテープで止めていたようです。

張り替えるにはまず今の天井板を取り外す必要があります。
本当はバールが欲しかったのですが、あいにくうちにはバールはありません。
20190510003234ed5.jpeg
金づち、ノコギリ、ペンチなどを使って1つずつ天井板をはがしていきます。
2019051000324153b.jpeg

201905100032544bc.jpeg
あれ!実は寝室の天井にグラスウールの断熱材が入っていたことを初めて知りました、、、
断熱材入っててもこんなに部屋の中が寒いのか、、、

20190510003303d3e.jpeg
これはなんでしょう?
海でよく見かけるフジツボのようなものが柱の至るところに付着しています。

後ほどインターネットで調べると、これはドロバチと呼ばれるハチの巣のようです。
ドロバチは、ドロバチ科のハチの総称でその名の通り泥を集めて巣を作るようです。
別荘など自然の多いエリアではよく問題になるスズメバチのように集団で生活せず、また性格も比較的おとなしいことから、あまり害になることはないようですが、、、
一応毒を持っているハチとのことなので、巣を駆除していきます。

幸運にも別荘の屋根裏にあったドロバチの巣は、ほとんどがもう使われていない巣だったので、ホウキや木材で叩けば簡単に崩れていきます。
無事にドロバチの巣の駆除完了です。
一般的にドロバチは子供を産むと、親は巣に子供とエサを残して巣を離れてしまうみたいです。
今回は、巣の中にドロバチはいませんでしたが、場所や時期によってはドロバチの巣を壊すことで中にいるドロバチが外に出てきてしまうリスクもあるようなので、念のため十分にご注意いただいたうえで駆除してください。

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

パンダ夫婦

Author:パンダ夫婦
東京在住30代のパンダ夫婦です。

普段は東京で銀行&医療系の会社で働いています。

趣味はキャンプや登山、旅行、料理、美味しいものを食べること。
アウトドア好きで、休みの日には家でおとなしくできないタイプ。

出身はふたりとも関東外(大阪と北海道)で数年前まではずっと地方を転々としていましたが、会社の転勤でついに東京住まいに。

都会生活の中でリフレッシュ&リラックスできる場所として、2018年に山梨県東部に別荘を購入し、東京と山梨のデュアルライフ(二拠点生活)を開始しました。

関東の高速道路の渋滞が嫌いということもあり、あまり見かけない電車利用デュアラーです(新幹線デュアラーはいると思いますが)。

築30年以上の古い別荘を格安で購入したので、色々と手直しが必要な箇所も多いですが、夫婦2人でデュアルライフを作り上げていくために毎週奮闘しています!

家にネズミやムカデが出たり、急な雨漏りが発生したり、せっかく植えた野菜の芽が虫に食べられたりと毎週のようにハプニングもありますが、都会ではイライラの原因になるハプニングも、山梨でなら楽しむ余裕も出てきました!

山梨デュアルライフで取り組んでいるDIYや家庭菜園、周辺のオススメ観光スポット、登山、美味しいもの、みんなが知りたいデュアルライフの実態(お金事情や節約術、毎週の過ごし方)、たまに東京の都会生活などなど、たくさん発信していこうと思います。

デュアルライフもブログも初心者なので、みなさんから色々とご意見・コメント頂ければうれしいです!

先輩デュアラーとも交流したい!!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク1

スポンサーリンク2

スポンサーリンク3

このページのトップへ