記事一覧

山梨県東部の昼・夜入るのにオススメな日帰り温泉5選を評価つきでご紹介

スポンサーリンク

こんにちは!

温泉天国山梨!
私たちがデュアルライフをしている別荘の周りにもたくさんの温泉があります。

以前、朝風呂に最適な温泉をご紹介しましたが、今回は山梨県東部の昼、夜入るのに良い温泉をご紹介します!

※各温泉の紹介は、本記事作成時点のものです。

①やまと天目山温泉 やまとふれあいやすらぎセンター(甲州市)

お湯:☆☆☆
景色:☆☆
サービス:☆☆
リラックス:☆☆☆
泉質:アルカリ性単純温泉(HPより)
値段:510円(市外からの利用者 3時間以内)
営業開始:10:00~19:00

2019061421461194b.jpeg

国道20号線を景徳院という曹洞宗寺院方面に曲がり、景徳院を越えてずっと進んだ先にある山の中の温泉。私のAU電波の携帯は圏外でした。
温泉は、pH10を超える高アルカリの単純温泉。スベスベトロトロの美肌温泉です。

201906142146166d9.jpeg

施設がキレイなわけでもなく、景色が特別良いわけでもないですが、とっても落ち着くのでなぜかしょっちゅう通っています。

20190614214613dca.jpeg

休みのお昼にここの温泉に入って、座敷でゴロ寝するのは最高に贅沢な時間です。

20190614214612590.jpeg

電波も通じない環境で、普段の都会の喧騒や仕事のことを忘れて過ごす時間はとってもリラックスできます。


②芭蕉 月待ちの湯(都留市)

お湯:☆☆
景色:☆☆☆
サービス:☆☆
リラックス:☆☆☆
泉質:アルカリ単純温泉(HPより)
値段:710円(市外からの利用者) ※10回分の値段で12回利用できる回数券がとってもお得!
営業開始:10:00~21:00

201906142146238c2.jpeg

都留市の市街地から離れた自然の中にある温泉。
隣にはバーベキュー場があり、バーベキューしているご家族連れも良く利用しています。
バーベキュー場のほか、宿泊できる大きめの和風コテージも併設されているのでご家族やお友達と宿泊して、温泉を楽しむこともできます。

この温泉は名前のとおり、夕方頃に来て、お風呂の中で月が出てくるのを待つのが一番オススメ。
露天風呂があり、また内風呂も明るすぎないので、日が暮れて一日が終わっていくのをゆーっくり堪能することができます。

まさにデュアルライフでしか味わえない非日常です。

温泉に入る前はまだ明るいですが、

20190614214621681.jpeg

出てくると外の景色が真っ青に。

20190614214618776.jpeg

お風呂の中で出てくるのを待っていた月が出ています。

201906142146201f1.jpeg

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

パンダ夫婦

Author:パンダ夫婦
東京在住30代のパンダ夫婦です。

普段は東京で銀行&医療系の会社で働いています。

趣味はキャンプや登山、旅行、料理、美味しいものを食べること。
アウトドア好きで、休みの日には家でおとなしくできないタイプ。

出身はふたりとも関東外(大阪と北海道)で数年前まではずっと地方を転々としていましたが、会社の転勤でついに東京住まいに。

都会生活の中でリフレッシュ&リラックスできる場所として、2018年に山梨県東部に別荘を購入し、東京と山梨のデュアルライフ(二拠点生活)を開始しました。

関東の高速道路の渋滞が嫌いということもあり、あまり見かけない電車利用デュアラーです(新幹線デュアラーはいると思いますが)。

築30年以上の古い別荘を格安で購入したので、色々と手直しが必要な箇所も多いですが、夫婦2人でデュアルライフを作り上げていくために毎週奮闘しています!

家にネズミやムカデが出たり、急な雨漏りが発生したり、せっかく植えた野菜の芽が虫に食べられたりと毎週のようにハプニングもありますが、都会ではイライラの原因になるハプニングも、山梨でなら楽しむ余裕も出てきました!

山梨デュアルライフで取り組んでいるDIYや家庭菜園、周辺のオススメ観光スポット、登山、美味しいもの、みんなが知りたいデュアルライフの実態(お金事情や節約術、毎週の過ごし方)、たまに東京の都会生活などなど、たくさん発信していこうと思います。

デュアルライフもブログも初心者なので、みなさんから色々とご意見・コメント頂ければうれしいです!

先輩デュアラーとも交流したい!!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク1

スポンサーリンク2

スポンサーリンク3

このページのトップへ