記事一覧

今日の楽しいデュアルライフランチ(鮎の塩焼きの作り方&新しい釜蓋を使おう)

スポンサーリンク

こんにちは!
今週も週末は雨ですね。

今週はパンダ♀が地元北海道に帰省してしまったので、パンダ♂の一人デュアルライフです。
土曜日は東京で過ごしたので、日曜日だけのデュアルライフでした。

今回ご紹介するのは、日曜日の別荘ランチです。

実は、毎週デュアルライフで別荘に来るたびに、以前ご紹介したかまど&羽釜を使ってご飯を炊いています。
その時使っている釜蓋は以前の持ち主さんが自作したもの。
20190427192030579.jpeg
上に写っている円形のものが釜蓋です。

これでもとってもご飯が美味しく炊けるのですが、釜蓋が少し古くなってきた&よりご飯を美味しく炊くには重く・密封度が高い釜蓋が必要になるので、新たな釜蓋を購入することにしました。

そこで、土曜日のうちに釜蓋を買いに行っていました。

東京で調理道具を買いにいくといったらここ!
20190630225843ece.jpeg

浅草駅からも近い、かっぱ橋道具街です!
(今回はこの看板があるニイミ洋食器店は通らなかったので、以前撮影したものです)。

かっぱ橋ならどこでも釜蓋を置いてそうな気もしますが、インターネットで事前に調べて一番最初に出てきた「釜浅商店」というお店で購入しました。
2019063021051499f.jpeg

それがこちら。
20190630210450e2f.jpeg

直径は羽釜の直径26cmより少し大きい28cmに。
厚みは3cmのものにしました。

さて、日曜日はこの釜蓋を持って山梨の別荘へ。

釜蓋を買った際の説明書を読んでみると、初めて使うときは事前に釜蓋を1時間程度水に浸しておいたほうが良いようです。
20190630210514f31.jpeg

別荘にはそんな大きなバケツがないので、エイヤー!
201906302104335e0.jpeg

川に入れてみました。

ここ数日の雨で水が増水気味だったので流されてしまいそう、、、
石を重しにしておきましょう。これで良し!
201906302105294c8.jpeg

さて、水に十分付けたところで、いつもと同じようにご飯を炊きましょう!

まずは米を富士山の伏流水で洗い
20190630210335315.jpeg

かまどにセットします。
20190630210513ea4.jpeg

火をつければ準備完了。
20190630210514822.jpeg

米の量にも左右されますが、15~25分くらいで炊き上がります!
ということで、次の料理の準備していたら、焦げ臭い、、、

しまった!
少し焦がしまった!

まぁおこげがついて美味しいだろう。ということで、いつも通り蒸らしておきます。
20190630210529f10.jpeg

30分程蒸らすと
20190630210747525.jpeg

案の定、焦げてしまっていますが
20190630210802628.jpeg

少し味見してみると香ばしくて美味しい!
一番下の焦げがひどい部分は、もったいないですが捨てました、、、

ご飯はおにぎりにしておきます。

スポンサーリンク



さて、ここまで出来たら次におかずを作りましょう。

今日のおかずに使う材料はこちら!
20190630210520009.jpeg

そうです。
鮎です。
別荘のある山梨でも6月から解禁されて、別荘の周りでもたまに釣り人を見かけますが、こちらはスーパーで購入した養殖もの。

前から鮎の塩焼きを作りたかったんですよね!

まずは塩を振ってから
20190630210507d50.jpeg

百円均一で購入した鉄串を使って、串打ちをします。

一般的に鮎の串打ちには、「のぼり串」と「おどり串」があるようですが、今回は難易度の低い「のぼり串」で串打ちします。

お腹にたまっているフンを押し出し、鮎のヌメりを水で洗い流したら、口から鉄串を刺して
2019063021045462b.jpeg

エラから出します。
20190630210453869.jpeg

エラから出した鉄串をまたすぐに身に刺し直したら
鮎の身体をくの字に曲げながら、中骨を縫うように串を通していきます。

最後にしっぽを上にあげて、串を外に出したら完成です。
20190630210452747.jpeg

中骨の縫うところが上手くいかず、結局ただ鉄串を刺しただけのものとあんまり変わらなくなりましたが。
20190630210513c88.jpeg

尻尾やヒレは焦げてなくならないように最後に多めに塩を振っておきます。
これを化粧塩というそうです。

さて、それでは焼いていきましょう。
201906302105243be.jpeg

本来、川魚は囲炉裏などの縁に置いて、遠火でじっくり焼いていくのが良いのですが、あいにく囲炉裏はありませんので、ご飯を炊いたかまどの残り火を使います。
201906302105249a1.jpeg

火が強すぎると内臓が破裂してしまったり、焦げてしまったりするので、弱火で30分以上かけてじっくり焼いていくようにしましょう!

あえて、火の勢いが強い、真上には置かず少し端の方でじっくり焼いていきます。
201906302105257d8.jpeg

うーん、いい匂い。

ウインナーも一緒に焼いていきましょう!
20190630210833363.jpeg

火が弱くなってきたので、少し火の近いところに移します。
201906302108434bc.jpeg

さて、完成です!
片面20分ずつは焼いたので、かなり時間をかけてしましました。
201906302108404f1.jpeg

20190630210839a3d.jpeg

食べてみると、、、うまい!!

鮎って風物詩として食べたくなりますが、今まではそこまで美味しいイメージはなかったのです。
しかし、焼き立てだからか、養殖で脂が乗っているからか、こんなに美味しいなんて!
去年、長良川で鵜飼いを見ながら食べて鮎より全然美味しく感じます。

自分で頑張って焼いたからですかね。

別荘の近くにもたまに釣り人が来ますし、近くには渓流の管理釣り堀もあるので、この夏は釣りにもチャレンジしてみたいです!

スポンサーリンク1

スポンサーリンク2

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

パンダ夫婦

Author:パンダ夫婦
東京在住30代のパンダ夫婦です。

趣味はキャンプや登山、旅行、料理、美味しいものを食べること。
アウトドア好きで、休みの日には家でおとなしくできないタイプ。

出身はふたりとも関東外(大阪と北海道)で数年前まではずっと地方を転々としていましたが、会社の転勤でついに東京住まいに。

都会生活の中でリフレッシュ&リラックスできる場所として、2018年に山梨県東部に別荘を購入し、東京と山梨のデュアルライフ(二拠点生活)を開始しました。

関東の高速道路の渋滞が嫌いということもあり、あまり見かけない電車利用デュアラーです(新幹線デュアラーはいると思いますが)。

築30年以上の古い別荘を格安で購入したので、色々と手直しが必要な箇所も多いですが、夫婦2人でデュアルライフを作り上げていくために毎週奮闘しています!

家にネズミやムカデが出たり、急な雨漏りが発生したり、せっかく植えた野菜の芽が虫に食べられたりと毎週のようにハプニングもありますが、都会ではイライラの原因になるハプニングも、山梨でなら楽しむ余裕も出てきました!

山梨デュアルライフで取り組んでいるDIYや家庭菜園、周辺のオススメ観光スポット、登山、美味しいもの、みんなが知りたいデュアルライフの実態(お金事情や節約術、毎週の過ごし方)、たまに東京の都会生活などなど、たくさん発信していこうと思います。

デュアルライフもブログも初心者なので、みなさんから色々とご意見・コメント頂ければうれしいです!

先輩デュアラーとも交流したい!!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク1

スポンサーリンク2

スポンサーリンク3

このページのトップへ