記事一覧

北岳登山1日目@パンダ夫婦の山梨デュアルライフ

スポンサーリンク

こんにちは!

今週末も山梨はまたまたくもり&雨です。
そんな中ではありますが、以前より友人と約束していた南アルプスの北岳に登ってきたので、ご紹介します!

※今週末もパンダ♀は北海道帰省中です。

皆さん、北岳をご存知でしょうか?
実は北岳の標高は3,193メートルと、日本の山で富士山に次いで2番目の高さなんです!

誰もが知ってる富士山、あまり知られていない北岳。
昔、2位じゃダメなんですか?という流行語もありましたが、やっぱり1位であることは重要ですね!笑

富士山が3,776メートルでダントツで高いのに対して、3,193〜3,000メートルの間に2位〜21位までがダンゴ状態になっているのも知名度が上がらない要素かもしれません。

この時期の北岳は、固有種でここにしか咲かないキタダケソウを始めとして、様々に花が咲き乱れるようです。

前置きが長くなってしまいましたが、北岳登山の工程についてご紹介します。

7/5(金)
仕事終了後、山梨の別荘へ

7/6(土)
3時頃 別荘 出発
4時頃 芦安駐車場 到着
5時頃 芦安駐車場 出発、バスで広河原へ
6時頃 広河原 到着
6時半頃 広河原 出発
12時頃 北岳肩の小屋 到着
※天気が良ければ土曜日中に北岳山頂へ
17時 夕食
20時半 就寝

7/7(日)
4時頃 起床
5時 朝食
5時半頃 北岳肩の小屋 出発
6時すぎ 北岳山頂
11時頃 広河原 到着
15時頃 別荘 到着

こんな感じ。

今回はせっかくなので東京と山梨のデュアルライフのメリットを活かして、金曜日中に別荘まで行きます。

政府が進めている例の働き方改革とやらもあって、今年度からうちの会社も時差勤務が導入されたので、使ってみることにしました。

朝は7時には出社。
眠い、、、

相変わらず仕事もドタバタ、、、

本来は16時頃に仕事が終えて、山梨に向かうはずだったのですが、そうイメージ通り行かず、仕事を終えて会社を出たのは17時頃に。
20190707220932675.jpeg

新しいザックのザックカバーがなかったので、モンベルに寄り道して
20190707220928ab3.jpeg

いざ、山梨へ
2019070722093265e.jpeg

ワクワク興奮して、小学校の遠足の気分です。

夜ご飯は牛丼でさっと済ませて
201907072209273a0.jpeg

明日は3時起きなので早く寝ないと。
21時には布団に入りましたが。

普段はすぐに寝るのが特技のパンダ♂。
なのに、こんな日に限って全然寝れません、、、

あー!明日は早いのに。と思うと尚更寝れず、気づけばほとんど寝ないまま3時前になっていました、、、

仕方ないなぁ、、、
準備を整えて出発します。
20190707220859eb0.jpeg

眠い目をこすりながら車を運転して、登山口のある広河原へいくバスが出る芦安駐車場へ向かいます。
夜中なので渋滞や混雑もなく、あっという間に芦安駐車場に到着しました。
201907072209032f0.jpeg

バス停から近い順に第1から第5駐車場まであり、繁忙期には第5駐車場までいっぱいになるそう、、、
この日は天気予報がくもり&雨だったこともあり、第2駐車場に入ることができました。
すでに駐車場には結構な台数の車が停まっており、テントを張っている人もいました。
20190707220903928.jpeg

ここで大学時代の友人と合流し、バスで広河原へ向かいます。
201907072209189e9.jpeg
前日寝ていなかったので、約1時間の車中は爆睡で気づいたら広河原に着いていました。

広河原インフォメーションセンターで着替えと朝食のおにぎりを食べます。
201907072209097ac.jpeg

広河原ですでに標高1,520メートルあるので、北岳までは1,700メートルくらい登ればOKですね。
20190707220916975.jpeg

さて、ストレッチして出発です。
今日の目的地は宿泊する北岳肩の小屋。
広河原から白根御池小屋、草すべり、小太郎尾根分岐を経由して、北岳肩の小屋まで向かいます。
201907072229467aa.jpeg
※マップはお世話になった北岳肩の小屋さんのホームページからお借りしています。

天気が良く眺望が望めそうであれば、今日中に北岳山頂まで行きます。

スタート直後の北岳方面。
20190707220928e14.jpeg
一面ガスに覆われていて、見るからに眺望は望めなさそう、、、

まずは吊り橋の広河原大橋を渡ります。
20190707220930488.jpeg

ここ最近の雨で結構な水量です。
20190707220927c6b.jpeg
こんな朝早くから、釣りをしている人がいます。

渡るとすぐに広河原山荘がありますが、その横を抜けていきます。
20190707220928825.jpeg

少し登っていくとガスの中に、、、
20190707220910f12.jpeg

ひたすら登りの道が続きます。
約1年ぶりの登山でこの登りはこたえます。

途中、滝のようになっているところを渡り
20190707220934c57.jpeg

201907072209340b2.jpeg

2時間半ほどで白根御池小屋に到着しました。
201907072211333ad.jpeg

魅力的なソフトクリームの置物もありますが、小屋の標高は約2,200メートル。
下の町と比べて10℃以上気温が低く、肌寒いのでさすがに食べる気がしませんでした。

ここで、バーナーでお湯を沸かして粉末のサングリア(ノンアルコール)を溶かして飲みました。
20190707221138186.jpeg

20190707221149796.jpeg
温かい飲み物は身体をポカポカ温めてくれます。

ちなみにここの小屋はとっても清潔で山小屋初心者には良さそうです。
チップトイレをお借りしましたが、山とは思えないほどキレイで使いやすかったです。

小屋を少しすぎると、白根御池があります。
20190707221145261.jpeg
白根御池もガスがかかって幻想的に。

ここには龍神が住んでいるとの伝説があるらしいのですが、この雰囲気なら出てきてもおかしくなさそう!!
20190707221156b94.jpeg
怖いのでさっさと先を急ぎます。

池を過ぎると、
ゆ、雪!!
20190707221223652.jpeg
もう7月になるのにまだ雪渓が。
珍しいなぁ。と見ていたら、雪渓の幅がどんどん広がり、上を歩かないと進めなくなります。
201907072212094af.jpeg

20190707221214c72.jpeg
アイゼンを持ってきていなかったので、雪にしっかり足を埋めて滑らないように登っていきます。

ここからはひたすら急登。
登れども登れどもゴールが見えない中で、北岳の花々が心を癒してくれます。

以下はお花は素人のパンダ♂による分類です。
間違っていたらすいません(メッセージで教えてくださるとありがたいです)

サンカヨウ
20190707221219b63.jpeg

シナノキンバイ
2019070722121916d.jpeg

タカネナデシコ(咲く前?)
2019070722122395b.jpeg

キバナシャクナゲ
2019070722191365e.jpeg

イワベンケイ
20190707221919ce7.jpeg

サクラ(7月の今咲いていました)
20190707221217a0b.jpeg

その他、よくわからなかった花々

20190707221921d7c.jpeg

20190707221452b57.jpeg

その他にもコケや
2019070722122767c.jpeg

雪の重みで右が曲がっているカバなど
2019070722122981f.jpeg

花や植物の写真を撮りながら登っていくとようやく視界が開けて尾根に着きました。
20190707221915f11.jpeg

スポンサーリンク



尾根にはさらに多くの花が咲いています。
20190707221920b64.jpeg

20190707221921160.jpeg

20190707231019b4a.jpeg
色とりどりで本当にキレイです!

そうこうしていると北岳肩の小屋(標高3,000メートル)が見えてきました!
20190707221919ec3.jpeg

20190707221906e8d.jpeg
到着です!
20190707221912cdb.jpeg
本来なら小屋の後ろに北岳山頂への道が見えるはずなのですが、あいにくのガスで全く見えず、、、

近くにはテント場もありますが、雪渓の横で寒そう、、、
20190707222027522.jpeg

ここではビールも雪渓の雪で冷やします。
20190707222100a0d.jpeg

休憩多め、写真撮りまくりで登ってきたので、時間も12時に。

ここで昼ご飯を食べます。
カレーライスが売り切れだったので、うどん1,000円也。
201907072219182a2.jpeg

値段は山価格ですが、標高3,000メートルでうどんが食べられるなんて!
冷えた身体を温めてくれ、とっても満足です。

本日の宿泊はこの北岳肩の小屋ですので、まずはチェックインします。

来週が三連休&天気も良くなかったので、この日は宿泊者少なめ。
20190707221909695.jpeg

2019070722191221a.jpeg

布団も1人1枚です!
2019070722421442b.jpeg
やったー!

この日はガスもひどく、また寝不足で疲れていたので、北岳山頂は明日にして、この日は体力回復に努めます。
201907072220558e0.jpeg

睡眠不足&登山の疲れもあって、17時のご飯までひたすら寝てしまいました、、、
昼ご飯を食べてから、ひたすら寝ていただけなのに、やっぱりお腹は空くもので。
20190707222059662.jpeg
この日の夕食、白身魚のムニエルとシュウマイなどをペロリと平らげ、
ご飯もしっかりお代わりしてしまいました。

向かいにいたご夫婦にご持参されていたキュウリのお漬物と昆布も頂いてしまいました。
あーお腹いっぱい!

お腹いっぱいになったら、ゴロゴロ布団でマンガを読んで
201907072220595f4.jpeg

気づくと、外は真っ暗
201907072220572e8.jpeg

20時半が消灯時間なので
20190707222100363.jpeg

おやすみなさーい!

寝てばっかりの1日目でしたが、明日はいよいよ北岳に登ります!

記事が長くなってしまったので、2日目は次回にしますね。

スポンサーリンク1

スポンサーリンク2

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

パンダ夫婦

Author:パンダ夫婦
東京在住30代のパンダ夫婦です。

趣味はキャンプや登山、旅行、料理、美味しいものを食べること。
アウトドア好きで、休みの日には家でおとなしくできないタイプ。

出身はふたりとも関東外(大阪と北海道)で数年前まではずっと地方を転々としていましたが、会社の転勤でついに東京住まいに。

都会生活の中でリフレッシュ&リラックスできる場所として、2018年に山梨県東部に別荘を購入し、東京と山梨のデュアルライフ(二拠点生活)を開始しました。

関東の高速道路の渋滞が嫌いということもあり、あまり見かけない電車利用デュアラーです(新幹線デュアラーはいると思いますが)。

築30年以上の古い別荘を格安で購入したので、色々と手直しが必要な箇所も多いですが、夫婦2人でデュアルライフを作り上げていくために毎週奮闘しています!

家にネズミやムカデが出たり、急な雨漏りが発生したり、せっかく植えた野菜の芽が虫に食べられたりと毎週のようにハプニングもありますが、都会ではイライラの原因になるハプニングも、山梨でなら楽しむ余裕も出てきました!

山梨デュアルライフで取り組んでいるDIYや家庭菜園、周辺のオススメ観光スポット、登山、美味しいもの、みんなが知りたいデュアルライフの実態(お金事情や節約術、毎週の過ごし方)、たまに東京の都会生活などなど、たくさん発信していこうと思います。

デュアルライフもブログも初心者なので、みなさんから色々とご意見・コメント頂ければうれしいです!

先輩デュアラーとも交流したい!!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク1

スポンサーリンク2

スポンサーリンク3

このページのトップへ