FC2ブログ

記事一覧

デュアルライフしている別荘に憧れの囲炉裏をDIY

スポンサーリンク

こんにちは!

今回は囲炉裏作りについてご紹介させていただきます。

囲炉裏といえば、都会暮らしの人たちにとって憧れの存在!

寒い冬は囲炉裏で暖をとったり、川で取れる魚を塩焼きにしたり、ぐつぐつ鍋を煮たりと別荘の設備としてはもちろんですが、みんなで集えて楽しめる、設備の枠を超えたコミュニティ創造の場としても期待大です!

私自身も囲炉裏に対する憧れはとても強かったのですが、囲炉裏付きで条件に合う物件が見つからず、今回の別荘購入の際にも泣く泣く諦めていた経緯があります。

しかし、当初からの囲炉裏の夢を諦められず、今回ついに囲炉裏をDIYすることにしました。

実はパンダ夫婦がデュアルライフをしている山梨県お大月市の家、今まであまりご紹介してきませんでしたが、離れの小屋がついています。

外から見るとこんな感じ。
20190715195233108.jpeg

6畳一間のコンパクトな作りです。

購入した時は中の荷物がごちゃごちゃで、すぐに使える状態ではなく
201907151940051e4.jpeg

一時はツリーハウス建設のため、取り壊しも考えたほど。

この小屋に今回囲炉裏を作ることにしました。

囲炉裏を作ることにしようと思った理由の1つが、この小屋にもともとついていた床下収納の存在です。
201907151940084fd.jpeg

今回この床下収納を利用して囲炉裏を作ることにしました。

そうと決まったら、早速囲炉裏作りに取り掛かりましょう!

まずは、どんな囲炉裏を作るかです。
囲炉裏では火を使用するので耐熱性、断熱性の確保も重要になります。

掘りごたつがどのくらい重さに耐えられるのかを確認するために外から床下を覗き込むと、この掘りごたつは鉄筋でしっかりと補強されており、多少の重みには耐えれそうです。

そこで、囲炉裏の土台は、多少重さはあるものの、耐熱性に優れたレンガとコンクリートで作ることにします。

簡単に完成イメージ図を作ってから
20190715194000168.jpeg

一番下に軽量のブロックを敷き詰めます。
20190715194007bbe.jpeg

そこにレンガ(20個+半ます2個)を2段に敷き詰めていきます。
20190715193933cb1.jpeg

縦向きに2段並べると頭が少しはみ出してしまうので
20190715193944854.jpeg

1段目は横向き、2段目は縦向きに積むことにします。

とりあえず置いてみました。
2019071519394670f.jpeg
うん、なかなか素敵ですね!

それではインスタントセメント(と言う名のモルタル)で固めていきます。
粉末のインスタントセメントをバケツに入れ
20190715194002a28.jpeg

水(川の水)を加えて、割りばしでかき混ぜていきます。
20190715194007f5f.jpeg

十分に混ざったところで、ブロックの上に左官用のコテで平らに伸ばしていきます。
201907151940065bd.jpeg

201907151940098f9.jpeg

出来ました!
20190715194009d7a.jpeg

この部分は、完成後灰の下に埋もれてしまうので、隙間さえなければ表面はボコボコでもOKです。

その上にレンガを横にして隙間が出来ないように敷き詰めていきます。

さらにその上にレンガを縦にして敷き詰めていきますが、隙間にはインスタントセメントを塗ります。
20190715194006461.jpeg

終わりました!
20190715194511cc8.jpeg

あとは乾くまで待ちます。
説明書を見ると、通常は夏季24時間、冬季48時間とのことですが、梅雨時期なのでもっとかかりそうです。

なので、来週まで乾くのを待って、灰を入れることにします。

囲炉裏が出来たら、続いて鉤です。
鉤とは、囲炉裏の上に設置し、やかんや鍋を吊るすことが出来るものです。

せっかくなら火からの距離を調節できる自在鉤にしましょう!

実は自在鉤、今回の囲炉裏DIY計画の前から使えそうなん古いものを見つけていました。
それがコレ。
20190715194513ed9.jpeg

木の棒の先につり針の様な鉤が付いているシンプルなものです。

まずは電動サンダーで表面を磨きます。
20190715194511c91.jpeg

これを囲炉裏の上に吊り下げるために、電動ドリルで穴を開け
2019071519451677f.jpeg

20190715194518756.jpeg

ビスを入れて、天井からぶら下げているチェーンと接続できるようにします。
201907152004041ab.jpeg

ぶら下げるとこんな感じです。
201907151945195f8.jpeg
いい感じです。

写真には写っていませんが鉤をチェーンで吊り下げていて、高さを調節することで火加減を調整できます!



続いて、ずっと置きっぱなしでカビが生えてしまっていた行燈の紙を張り替えます。
20190715194008f26.jpeg

一度、カビの生えた紙を剥がします。
電球と電線も切れていたので、このタイミングで買い換えて取り付けます。
2019071520091663e.jpeg

これにホームセンターで買ってきた障子紙を適当なサイズに切り
20190715194515d67.jpeg
障子ノリを使って貼っていきます。

まずは裏表の2面を
201907151945177b4.jpeg

そして、3面を貼ります。
20190715194514d7e.jpeg

201907151945130bc.jpeg
出来上がりました!

上面と背面はあまり意味がなさそう&電球の取り替えなどに不便そうなので、紙を貼らず。

電気をつけてみると
20190715194517fe5.jpeg

2019071519451490f.jpeg
おー良いムードです!

囲炉裏も入れてパシャリ!!
20190715194519747.jpeg

20190715194518a00.jpeg
別荘を購入した時から火鉢が置いてあったので、そこで使われていた火ばさみと灰ならしもセット。
20190715200622a40.jpeg

早く灰を入れて使いたいー!!

鉄瓶や鉄なべも欲しくなります、、、

また、進展があればご報告します!

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

パンダ夫婦

Author:パンダ夫婦
30代パンダ夫婦です!

夫は大阪、妻は北海道出身。
普段は東京で銀行員。
出会ってから、札幌→長崎→東京と転勤。

2018年に160万円で山梨県大月市に古家を購入し、東京と山梨のデュアルライフを開始。
古家を修理し、ピザ釜・囲炉裏・ツリーハウス・川床をDIY!

最近は、山梨県内での狩猟や古民家探しなどをしながら、週の半分以上山梨でテレワーク・ワーケーションもしています!

みなさんから色々とご意見・コメントをいただき、他のデュアラー・移住者の方とつながっていければ嬉しいです!

SNSは、Instagram、Twitterを使っています。
 Instagram: 『pandafufu4』で検索
 Twitter: 夫『パンダ夫婦@デュアルライフ』、妻『ゆかり|東京*山梨デュアルライフ』で検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク1

スポンサーリンク2

スポンサーリンク3

このページのトップへ