記事一覧

富士河口湖灯籠流しでご先祖様に感謝

スポンサーリンク

こんにちは!
今回は河口湖で開催されていた灯籠流しに参加してきたので、その内容をご紹介します!

お盆は東京で仕事していたパンダ夫婦ですが、河口湖の灯籠流しに参加したくて、金曜日だけお休みをもらって行ってきました!

そもそも、灯籠流しとはお盆に家に迎えたご先祖様を送り返す送り火のひとつ。
日本の伝統行事でかなり昔から行われているようです。
富士河口湖灯籠流しは、昭和56年から行われており約40年の歴史があります。

灯籠流しは全国各地で行われていますが、パンダ夫婦の生まれた大阪や北海道ではあまり馴染みがなく、参加するのはふたりとも初めて。

事前に手に入れたチラシを見ると、受付が16時スタート、日没が19時頃だったので、午前中は道の駅に行ったり、別荘でツリーハウスに使う木材(今度改めてご紹介します)にペンキを塗ったりとゆっくりと過ごします。

20190821224128538.jpeg

20190821224240929.jpeg

日も陰り始めて涼しくなってきたので、そろそろ出発しましょう!

富士河口湖灯籠流しの会場は河口湖の北側に位置する大石公園。
以前訪れたラベンダーフェスティバルの会場でもあった公園です。
すぐ隣にハナテラスがある公園といった方がわかりやすいかもしれませんね。

しかし大石公園の駐車場は先着20名。
とても停めれなさそうです。

大石公園からは少し距離がありますが、河口湖猿まわし劇場の横に大スペースの無料駐車場&無料シャトルバスが運行するとのことだったので、そちらに向かいましょう。

駐車場に到着すると既に数十台の車が駐車されていましたが、平日ということもあってか比較的スムーズに駐車できました。

そこから約10分間隔で走っているシャトルバスに乗り換え、5分ほど乗ると大石公園到着です。

時刻は既に17時30分。

受付は並ばずスムーズに行えました。
2019082122421000a.jpeg
受付で灯籠流しの会場案内とメッセージを記入する紙、それに流す際に必要な整理券を渡されます。

それを持って、灯籠を組み立てるためのキットが置いてある工作スペース(のようなところ)へ移動します。
20190821224250154.jpeg
この工作スペース(案内図では灯籠組み立てテントと書いてありました)が、それなりに混雑。

列に並んで待っている間、周りをキョロキョロ。

ライブ映像のインターネット配信も行われるようで、かなり立派な設備が整っていました。
20190821224252223.jpeg
このほか、山梨の民放の方も見かけました。

並んでいる参加者を観察していると外国人の方もかなり多そうです(アジア系の方が多かったので、ぱっと見はよくわかりませんでしたが)。

お恥ずかしながら私たちパンダ夫婦もデュアルライフで山梨に住み始めて、初めて知ったお祭りなのに、リサーチ力が素晴らしいです!

30分ほどで工作スペースに到着。
スペースは灯籠1つにつき、1人分だったので、パンダ♀が作業します。

まずは、灯籠にメッセージを書き込みます。
2019082122425698e.jpeg

その間にパンダ♂は灯籠船のセットをします。
配られた灯籠船の土台にLED電球を取り付けます。
2019082122425506c.jpeg
取り付ける際にLED電球の底を5秒ほど水に濡らすことで、無事点火完了です。

あとは、土台に鉄製のフィンを取り付けて準備完了(わかりにくいですが後方の黒いマジックテープを剥がしてフィンを固定しています)。

そこまでできれば、メッセージを書いた紙を四角く組み立て、シールで固定します。
201908212242491f0.jpeg
出来上がり!

※メッセージの内容を公開するのは恥ずかしいので自粛。

せっかくなので、ガスが取れてきた富士山と一緒にパシャリ!
201908212242416c0.jpeg

夏ですねー。

それが終わると次は灯籠を湖に流すのですが、ここで18月30分からの式典が始まる時間に。
式典中は、湖へ灯籠を流すのは一時ストップです。

遠くから様子を見ているとどうやら灯籠流しに協賛している真如苑の方や富士河口湖町の町長(?)らしき人が挨拶をしてたようです。
20190821224253f7a.jpeg

2019082122425249f.jpeg

式典が無事終わり、灯籠流しが再開されます。

式典の間にかなり日が落ちて暗くなってきました。
201908212242532b1.jpeg

明るいうちはあまりわかりませんでしたが、暗くなると灯籠がより映えます。
20190821224255d59.jpeg

私たちの流す番が近づいてきます。
既に湖面にはたくさんの灯籠が。
20190821224251d68.jpeg

灯籠船は使い古されたものだったので、終わったら灯籠船は回収されるんだろうなぁ。
広い河口湖で大変な作業だなぁ。
など、ぼーっと考えていると

来ました!
私たちの順番です。

流すのはパンダ♀が担当。
パンダ♂は写真係に。
20190821224255632.jpeg

20190821224254fe4.jpeg

と思って写真を撮りましたが、取材用の写真家の方々が湖の中で既に待機。
写り込んでしまうので、あまり良い写真は撮れませんでした、、、残念!

自分たちの灯籠を流し終えたら、混む前にさっさと退散します。

少しずつ帰る人も増えていましたが、そこまで混雑することなく、シャトルバスで駐車場、自家用車で別荘まで帰ることができました。

初めて灯籠流しに参加して、改めて日本の文化の素晴らしさを実感。

歳を重ねてくる中で昔は分からなかった日本の文化の素晴らしさに気づくようになり、盆踊りや花火、各地のローカル祭りなどに参加するようにしていますが、灯籠流しもリピートしたいとってもステキなイベントでした!

銀行員という職業柄、働き始めてからはお盆は実家に帰ってなかったので、ご先祖様に感謝を伝える良い機会でもありました。

一方で、山梨の短かった夏も少しずつ終わりに近づき、風が涼しくなってきていることを実感。

今年は梅雨が長かったので、夏が短く、夏好きパンダ夫婦としては災難の年。

まだまだ山梨でバーベキューするぞー!
夏らしい遊びを満喫するぞー!
と心に誓いましたとさ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク1

スポンサーリンク2

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

パンダ夫婦

Author:パンダ夫婦
東京在住30代のパンダ夫婦です。

普段は東京で銀行&医療系の会社で働いています。

趣味はキャンプや登山、旅行、料理、美味しいものを食べること。
アウトドア好きで、休みの日には家でおとなしくできないタイプ。

出身はふたりとも関東外(大阪と北海道)で数年前まではずっと地方を転々としていましたが、会社の転勤でついに東京住まいに。

都会生活の中でリフレッシュ&リラックスできる場所として、2018年に山梨県東部に別荘を購入し、東京と山梨のデュアルライフ(二拠点生活)を開始しました。

関東の高速道路の渋滞が嫌いということもあり、あまり見かけない電車利用デュアラーです(新幹線デュアラーはいると思いますが)。

築30年以上の古い別荘を格安で購入したので、色々と手直しが必要な箇所も多いですが、夫婦2人でデュアルライフを作り上げていくために毎週奮闘しています!

家にネズミやムカデが出たり、急な雨漏りが発生したり、せっかく植えた野菜の芽が虫に食べられたりと毎週のようにハプニングもありますが、都会ではイライラの原因になるハプニングも、山梨でなら楽しむ余裕も出てきました!

山梨デュアルライフで取り組んでいるDIYや家庭菜園、周辺のオススメ観光スポット、登山、美味しいもの、みんなが知りたいデュアルライフの実態(お金事情や節約術、毎週の過ごし方)、たまに東京の都会生活などなど、たくさん発信していこうと思います。

デュアルライフもブログも初心者なので、みなさんから色々とご意見・コメント頂ければうれしいです!

先輩デュアラーとも交流したい!!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク1

スポンサーリンク2

スポンサーリンク3

このページのトップへ