記事一覧

デュアルライフでツリーハウス⑤(ツリーハウスの枠組み完成)

スポンサーリンク

こんにちは!
10月に入っても蒸し暑い日が続いていますね。
東京や山梨では日中の気温が30℃超え!
今年は梅雨が長くて夏が短かったし、夏好きのパンダ夫婦にとってはありがたい限り。

しかし、10月に入ったのでクールビズも終わり、仕事にはネクタイ着用必須。
気温に合わせて格好も選べればいいのになぁ。
サラリーマンは辛いです、、、

実はこの別荘に初めて来たのは昨年の11月。
『家いちば』という仲介サイトを利用して、前の持ち主さんとやりとりをして、初めて内見に来たのが11月中旬でした。

あれから、約1年。
その間、色んな友人が遊びに来てバーベキューしたり、山梨の観光や旬の味覚を満喫したり、新しい遊びやDIYにチャレンジしたり、今まで刺激が少なかった東京生活がデュアルライフによって全然違うものに変わってきています。
近々、1年間のデュアルライフで感じたことをブログに書きたいなぁと思います。

さて、色々書き起こしきれていない記事もありますが、今回はツリーハウスDIYの続きをご紹介します。

前回は、ツリーハウスの壁になる枠組みを2つ作ったところまでご紹介しました。
20191006192236dc1.jpeg

同じ要領で残り2つの枠組みも作っていきます。

川側に作った枠組みと同様に窓を入れる枠組みをもう一つと
2019100619223761d.jpeg

つり橋を渡ってきて正面に見えるドアのある川の枠組みを作ったら(右の縦長のスペースがドア、左上の小さい正方形は小窓にする予定です)
20191006192237884.jpeg

とりあえず、4面完成です。

ここまで出来たら、次に今作った枠組みに針葉樹合板(構造用合板)12mmをビスで固定していきます。
20191006192240cf1.jpeg

201910061922386ef.jpeg
床用に使用したものと同じOSB板9mm(床は11mm)が余分にあってもったいなかったので、壁の1つはこれを活用。
板をかぶせると、どこにビスを打てば良いかわからなくなって、難しいですね!

同じ要領で全ての枠組みに板を貼っていきます。
20191006192241a10.jpeg

201910061921501ca.jpeg

枠組みはそれぞれサイズが異なるので、電動丸ノコで枠組みのサイズに合わせます。
板を貼り終えたところで、4面をそれぞれ立ち上げて箱にしていくのですが

壁を貼った枠組みって結構重い、、、

パンダ♀にも手伝ってもらいながら、ようやく箱型に立ち上げることが出来ました!
201910061921518e0.jpeg

枠組みの2×4材通しをビスでしっかり固定しているのですが、念のため四方は金属固定具も利用しました。
20191006192155bf0.jpeg

最後にペンキで色を塗って、屋根なしツリーハウスが完成しました。
20191006192156528.jpeg

ここまでのところを遠くから見るとこんな感じです。
201910061921596fd.jpeg

さて、箱が出来上がったところで、次は屋根を作っていきましょう。

一般的に小屋の屋根は、真っ平らな『陸屋根』、片側だけ高くなっている『片流れ屋根』、真ん中が高く三角の『切妻屋根』があるのですが、今回は小屋内の空間が広く取れて、デザイン的にもステキな切妻屋根にすることにしました。

まずは、使用する木材の準備をします。
屋根の斜面を出すために木材は斜めにカットする必要があるのですが、まだまだ電気工具初心者のパンダ♂。
電動丸ノコで斜めにうまく切れず、最後は手動でノコギリを使いながらも、なんとかカット完了。
20191006192201f3c.jpeg

他の木材同様にペンキを塗ったら、屋根の枠組みを組み立てていきます。
20191006192202b9c.jpeg
良い感じに組み立てることが出来ました!

外枠以外にも屋根を支えるため、2本斜めの垂木を入れましたが、屋根を出来るだけ軽くするために30×40cmの赤松材を使用しました。
20191006192205823.jpeg

垂木も他の木材と同様、斜めにカットして、ペンキを塗っています。
20191006192204b74.jpeg
これでようやく屋根っぽくなってきました。

最後に12mmの針葉樹合板に、保護塗料をしっかり塗った上で
20191006192208a11.jpeg

野地板として屋根にビスで固定していきます。
20191006192212ccd.jpeg

DIYはいつも一人のパンダ♂。
ツリーデッキまで合板を持ち上げて、さらに屋根まで持ち上げる。

片手ははしごを登るために使うので、合板は片手で。
1日に何枚も持ち上げているとさすがに筋肉痛に、、、

屋根は合板1枚では足りないので、何枚かの合板を貼り合わせます。
20191006193329698.jpeg

20191006193328c17.jpeg

合板貼るときに壁と同じ寸法にすると屋根に降った雨がそのまま壁に流れてしまうので、少し大きめのサイズで貼って、軒先を作りました。
2019100619350747a.jpeg

大分出来てきました!

もう少し作業出来たので、窓の枠を切り抜きます。

まずは、インパクトドライバーで穴を開けて、そこからジグソーで。
と思っていましたが、ジグソーの刃が以外と短くうまくいかず。

最終的にノコギリで切りました、、、
20191006193619d32.jpeg

一番大きい窓が開きました!
20191006192113453.jpeg

201910061921192ea.jpeg
借景で外の緑が入り込んで、絵葉書のような美しさです!

ドア横の小さい小窓も開きました。
20191006192117931.jpeg
後々、窓にはアクリル板を入れようと思っています。

ご飯も食べず作業をしていたので、ここで休憩。
ゴロッと横になります。
201910061921193fb.jpeg

20191006192118881.jpeg
風が吹き抜けて気持ちいい。
ツリーハウスなので周囲も緑でとってもリラックスできる空間です。

まだまだ枠組みだけですが、かなり出来てきたなぁ!と実感。

遠くから見るとこんな感じです。
20191006192120d0c.jpeg

2019100619212003e.jpeg

かなり進んだので今日はここまで。
今週も台風が来るかも。との情報があるので、ブルーシートをかけて東京に帰りましょう!

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

パンダ夫婦

Author:パンダ夫婦
東京在住30代のパンダ夫婦です。

普段は東京で銀行&医療系の会社で働いています。

趣味はキャンプや登山、旅行、料理、美味しいものを食べること。
アウトドア好きで、休みの日には家でおとなしくできないタイプ。

出身はふたりとも関東外(大阪と北海道)で数年前まではずっと地方を転々としていましたが、会社の転勤でついに東京住まいに。

都会生活の中でリフレッシュ&リラックスできる場所として、2018年に山梨県東部に別荘を購入し、東京と山梨のデュアルライフ(二拠点生活)を開始しました。

関東の高速道路の渋滞が嫌いということもあり、あまり見かけない電車利用デュアラーです(新幹線デュアラーはいると思いますが)。

築30年以上の古い別荘を格安で購入したので、色々と手直しが必要な箇所も多いですが、夫婦2人でデュアルライフを作り上げていくために毎週奮闘しています!

家にネズミやムカデが出たり、急な雨漏りが発生したり、せっかく植えた野菜の芽が虫に食べられたりと毎週のようにハプニングもありますが、都会ではイライラの原因になるハプニングも、山梨でなら楽しむ余裕も出てきました!

山梨デュアルライフで取り組んでいるDIYや家庭菜園、周辺のオススメ観光スポット、登山、美味しいもの、みんなが知りたいデュアルライフの実態(お金事情や節約術、毎週の過ごし方)、たまに東京の都会生活などなど、たくさん発信していこうと思います。

デュアルライフもブログも初心者なので、みなさんから色々とご意見・コメント頂ければうれしいです!

先輩デュアラーとも交流したい!!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク1

スポンサーリンク2

スポンサーリンク3

このページのトップへ