記事一覧

富士スバルラインの絶景紅葉&富士山センパイ今年もお世話になりました

スポンサーリンク

こんにちは!
今回は少し前に行った富士スバルラインの絶景紅葉についてご紹介します。

富士山には登山口がいくつかあり、5合目まで車で行くルートも全部で4つあります。

静岡側が、御殿場ルート、須走ルート、富士宮ルートの3つ、そして山梨側が今回行った富士スバルライン(吉田ルート)です。

これらのルートは登山客が多い夏季(7月上旬〜9月上旬)は、マイカー規制がかかりバスしか通れなくなってしまいますが、紅葉の時期は富士山の登山シーズンから外れることもあり、マイカーで5号目まで登れてしまいます。

元々、この日は富士スバルラインに行く予定はなかったのですが、河口湖周辺を走っていると富士山がとってもキレイに。
201911171611019d2.jpeg

ついつい寄り道してしまいました。

富士スバルラインは有料道路なので、下の料金所で通行料(軽自動車、普通車は2,100円)を支払い富士山に向かってドライブです。

料金所を超えるとすぐにある駐車場でトイレ休憩。
ここは1号目下駐車場というらしく、ここからも富士山がよく見えます!
20191117161059cee.jpeg

そこからも富士山を眺めながらドライブ。

最初は正面に富士山を見ながらでしたが
20191117161100682.jpeg


近づくにつれ、手前の緑の山に隠れて、富士山が見えなくなってきます、、、
20191117161518e80.jpeg

ただ、道の横の紅葉は見頃で飽きることなく、クネクネした道を上っていきます。
201911171611039f5.jpeg

次にあったのが樹海台展望台。
ここからはオレンジに色づいた樹海とその先に広がる富士河口湖町?の町が見渡せます。
2019111716105978e.jpeg
目の前に見えている樹海はかの有名な青木ヶ原樹海。

マスコミのイメージ先行で怖いイメージがあるかもしれませんが、実際は緑がキレイで気持ちの良いウォーキングコースなどもあり、とても良いところです。

さらに上っていくとこんな看板が
201911171611318e5.jpeg

富士スバルラインは道中たくさんの駐車場があり、少し寄り道疲れ(笑)していたのですが、眺望随一の言葉に惹かれ行ってみることに

降りてみると結構な台数の車が止まっていました。
ここから眺望随一という奥庭展望台までは580メートルとの看板があったので、緑に囲まれた石畳の道を歩いて進みます。
20191117161104ef7.jpeg

20191117161103e79.jpeg

途中、振り返るとここからも富士山が頭だけ出しています。
20191117161034c0c.jpeg

少し進むと、お土産&お食事処が。
20191117161031c9c.jpeg

富士山に来て毎度驚くのですが、山道の先のこんなところによく店が営業してるなぁと感心します。

お店のすぐ横には天狗岩とそれをお祀りする鳥居が。
20191117161135b6e.jpeg

201911171611346e0.jpeg
天狗岩には、富士山に住む天狗が遊びに来ていたのだとか。

そこからは気持ち良い紅葉の散歩道を歩きます。
途中2つのルートを選べますが、どっちを選んでも大差ありません。

富士山から離れる方向に歩くので、どんどん富士山も顔を出してくれます。
20191117161141703.jpeg

5号目の紅葉はこの時が最盛期。
201911171611464cc.jpeg

20191117161151edb.jpeg

20191117161148486.jpeg

寒かったこともあり、霜がおりていました。
20191117161152384.jpeg

10分ほど歩くと、奥庭展望台へ。
201911171611406f4.jpeg

20191117161143916.jpeg
ここからは、手前に本栖湖や朝霧高原、奥には南アルプスまで見渡すことができます。
今年の夏は南アルプスの北岳に昇ったので、なんだか身近に感じます。

帰りは、もう一方のルートを選びました。

こちらの道も紅葉ロードで最高のウォーキングコース(同じような道だなぁと思ってしまいましたが)。
20191117161137b7e.jpeg

20191117161138e00.jpeg
駐車場まで戻ったらいよいよ富士スバルライン5号目駐車場に向かいます。

パンダ♂は夏に登山に来たときにも来ていますが、パンダ♀は初めて。
駐車場に着くと登山シーズンではないのに、多くの観光客で賑わっていました!

ところで5号目駐車場がとにかく寒い!
一般的に標高が100メートル高くなると、気温が約0.6℃下がると言われており、5号駐車場が標高約2,300メートルなので、、、

0メートルの地域と13.8℃の気温差!

そりゃ寒い訳ですね。

お腹も空いてきたので、郵便局が入っている施設に入り、
20191117161132865.jpeg

売っていた回転焼き(大判焼き?おやき?)を買って温まります。
20191117161130f9c.jpeg
写真撮らずにひと口食べちゃいました。

お店から出ると富士山はガスの中に
晴れていてもあっという間にガスがかかって見えなくなるのが、山の難しいところ。

奥庭を歩いている時は全くガスがかかっていなかったのに、、、

別荘を購入して一年。
良かったこと、楽しかったこと、学ぶことがが山ほどありましたが、富士山がこんなに身近な存在になったのは良かったことのひとつ!

これから冬に突入するのでしばらく遠くから眺めるだけの時期が続きますが、富士山センパイ引き続きよろしくお願いします!

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

パンダ夫婦

Author:パンダ夫婦
東京在住30代のパンダ夫婦です。

普段は東京で銀行&医療系の会社で働いています。

趣味はキャンプや登山、旅行、料理、美味しいものを食べること。
アウトドア好きで、休みの日には家でおとなしくできないタイプ。

出身はふたりとも関東外(大阪と北海道)で数年前まではずっと地方を転々としていましたが、会社の転勤でついに東京住まいに。

都会生活の中でリフレッシュ&リラックスできる場所として、2018年に山梨県東部に別荘を購入し、東京と山梨のデュアルライフ(二拠点生活)を開始しました。

関東の高速道路の渋滞が嫌いということもあり、あまり見かけない電車利用デュアラーです(新幹線デュアラーはいると思いますが)。

築30年以上の古い別荘を格安で購入したので、色々と手直しが必要な箇所も多いですが、夫婦2人でデュアルライフを作り上げていくために毎週奮闘しています!

家にネズミやムカデが出たり、急な雨漏りが発生したり、せっかく植えた野菜の芽が虫に食べられたりと毎週のようにハプニングもありますが、都会ではイライラの原因になるハプニングも、山梨でなら楽しむ余裕も出てきました!

山梨デュアルライフで取り組んでいるDIYや家庭菜園、周辺のオススメ観光スポット、登山、美味しいもの、みんなが知りたいデュアルライフの実態(お金事情や節約術、毎週の過ごし方)、たまに東京の都会生活などなど、たくさん発信していこうと思います。

デュアルライフもブログも初心者なので、みなさんから色々とご意見・コメント頂ければうれしいです!

先輩デュアラーとも交流したい!!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク1

スポンサーリンク2

スポンサーリンク3

このページのトップへ