記事一覧

安くて簡単!ワンコイントライポッドをDIY&ダッチオーブン焼き豚の作り方

スポンサーリンク

こんにちは!

最近は、ブログなどの書き物に代わってyoutubeなどの動画が人気のようです。
夫婦の会話の中でも、元々ツイッターなどをよく利用するパンダ♀から、Vlog(Vedeo Blog:ブログの動画版)がああだとか、
ルームツアーがどうだとか、最近は特に動画に関する話題を聞くことが多くなってきました。

小さいころからインターネットや動画に親しんでいる若い人たちが活字より動画に親しんでいるということもあるかもしれませんが、
ブログを書いていても、特にDIY系の内容は、活字より動画で説明した方が分かりやすいのになぁと思うことはよくあります。

パンダ夫婦のデュアルライフブログは始めて約1年半。
今までは書き物中心でやってきましたが、より多くの人に見ていただくためには、
もっと動画のウエイトを高めていく必要があるのかなぁと思い始めています。
(ちょっとずつチャレンジしていきますので、今しばらくお待ちください)

さて、今回は安くて簡単、ワンコイントライポッドの作り方について、ご紹介します。

トライポッドとは?
→キャンプなどで使用する三脚のこと。
ダッチオーブンなどを吊るして使用し、焚き火料理などをする際には必須のアイテムです。
20200906160545d6d.jpg

パンダ夫婦の別荘でも、ダッチオーブンを購入した今年の初めくらいにトライポッドをDIYして、
ローストビーフを作ったり
202009061605556c8.jpg

スープを作ったり
20200906160552347.jpg

パンを焼いたり
20200906160652a35.jpg

そんなトライポッドが今回2週間ぶりに別荘に行くと
ない!

before
202009061605419ae.jpg

after
202009061605515a5.jpg

どこを探してもない!

どうやら、8月下旬に局地的な大雨が山梨を降ったようで、川の横に設置していたトライポッドは流されてしまったようです…
トホホ…
利用頻度も高く気に入っていたのにな。

周辺をよくよく見ると、トライポッドを設置していた場所の横に川の支流が出来ていたり、
20200906160600395.jpg

10mくらい上流で川床の土台として設置していたブロックが下流に流れていたりと
2020090616060353b.jpg

結構な増水があったようです。

こればっかりは自然の中にある山小屋なので、仕方ありません。
めげていても時間がもったいないので、新しくトライポッドを作ってしまいましょう!

ということで用意するものはこちら。
・良い感じの木…3本
・針金…30cmほど
・鉄やステンレスのチェーン(耐荷重20kgくらいあればOK)…2mほど
・ノコギリ

まずはホームセンターで必要なものを揃えましょう。

まずは、金属製の針金。
(どんなものでもOKですが、熱に弱いナイロン製のものなどは避けましょう)。
202009061605430d9.jpg

それにチェーン。
(今回は10cmあたり22円の鉄製チェーンを180cm分購入)。
2020090616055899c.jpg

次に、ちょうど良い木を探します。

トライポッドが流された増水の影響か、別荘横にはいくつもの流木が流れ着いていたので、その中からちょうど良い木を選びます。
ちょうど良い木とは、以下の条件にマッチするもの。
・出来る限りまっすぐ(曲がっていない)
・直径が2-3cm程度
・長さが1.8m以上(カットするので長すぎてもOK)
・乾燥しすぎていない

この3本にしました。
2020090616053823b.jpg

少し長すぎるものや
20200906160554e0d.jpg

枝分かれしているものは
20200906160542f67.jpg

それぞれ1.8m~2.0mくらいの長さにノコギリでカットします。
20200906160557352.jpg

次にトライポッドを設置する場所を決めましょう!
出来るだけ平らでトライポッドが設置しやすい場所を選びましょう。
20200906160550bd2.jpg

場所が決まったら、大きめの石を使ってサークルを作ります。
ここが炉の部分になります。
202009061606013fd.jpg

炉を囲むように、ちょうど良い長さにカットした木をだいたい3等分になるように組み、針金で固定します。
202009061606045d3.jpg

ワイヤーで固定した3本の木にホームセンターで購入したチェーンを巻き付けて、最後に先端にS字フックを取り付ければ、
あっという間にトライポッドの完成です。
20200906160539be1.jpg

ちなみに、トライポッドのDIY費用は、合計約400円。
木…無料
チェーン…396円
針金…10mで200円程度なので30cmなら10円くらい?

なんと、吉〇家の牛丼とほとんど同価格のワンコイントライポッドです!

せっかくなので、さっそく使ってみましょう!
ダッチオーブンを使った焼き豚に挑戦します。

材料はこちら。

・豚バラ肉ブロック…300g以上の塊を2,3個
・タコ糸・1mくらい
・めんつゆ…150cc
・砂糖…50g
・水…200cc
20200906162214a79.jpg

まずは、豚バラ肉ブロックをくるくる丸めて
20200906160641fc9.jpg

20200906160646227.jpg

タコ糸で縛ります。
20200906160644945.jpg

これを、カセットコンロ(最初から焚火でもOK)で熱したダッチオーブンで
20200906160645e1c.jpg

表面に焼き色が付くまで焼いたら
20200906162358cf9.jpg

めんつゆ、砂糖、水を投入。
20200906162216d27.jpg

ダッチオーブンを火(最初強火・その後中火)にかけて1-1.5時間加熱すれば(途中、灰汁を1回取りましたがほぼ放置)、
202009061606543b2.jpg

簡単な焼き豚の完成です。
20200906160649123.jpg

この日は、焼き豚を使った簡単サラダうどんを夕食にしました。
20200906160701cd0.jpg

トライポッドも無事再設置できたし、使い心地も良くてひと安心。
と思っていたら、台風10号の接近により、まさかの山梨も強い雨。
202009061607004a9.jpg

朝起きてみるとせっかく設置したトライポッドがまたも流出の危機。
20200906160703129.jpg

202009061606586fa.jpg

さすがにまた作り直すわけにはいかないので、一旦撤去し
202009061628141ad.jpg
ツリーハウス下の雨の当たらない場所に

次回までは一時的に雑巾や軍手の物干しざおとして活躍していただきます(笑)。
20200906160656ba7.jpg

通常、数千円で売られているトライポッドも工夫すればこんなに簡単に。
キャンプ場などでは直火禁止のところも多いので、その場合は焚火台とセットで上手く使ってみてください!

おしまい

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

パンダ夫婦

Author:パンダ夫婦
東京在住30代のパンダ夫婦です。
普段は東京の会社で働いています。

趣味はキャンプや登山、旅行、料理、美味しいものを食べること。
アウトドア好きで、休みの日には家でおとなしくできないタイプ。

出身はふたりとも関東外(大阪と北海道)で数年前まではずっと地方を転々としていましたが、会社の転勤でついに東京住まいに。

都会生活の中でリフレッシュ&リラックスできる場所として、2018年に山梨に100万円代で別荘を購入し、東京と山梨のデュアルライフ(二拠点生活)を開始しました。

関東の高速道路の渋滞が嫌いということもあり、別荘までの移動には電車を利用。

古い別荘だったので、最初は家にネズミやムカデが出たり、急な雨漏りが発生したり、せっかく植えた野菜の芽が虫に食べられたりと毎週のようにハプニングもありますが、都会ではイライラの原因になるハプニングも、山梨でなら楽しむ余裕も出てきました!

今、山梨で取り組んでいるツリーハウスや囲炉裏のDIY、石窯ピザ作り、かまどご飯、薫製作り、原木椎茸作り、家庭菜園、オススメ観光スポット、登山、ご当地グルメ、みんなが知りたいデュアルライフの実態(お金事情や節約術、毎週の過ごし方)、たまに東京の都会生活などなど、たくさん発信していこうと思います。

デュアルライフもブログも初心者なので、みなさんから色々とご意見・コメント頂ければうれしいです!

先輩デュアラーとも交流したい!!

Instagram、Twitterをメインにアップしています。

Instagram: 『pandafufu4』で検索
Twitter: 『パンダ夫婦@デュアルライフ』で検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク1

スポンサーリンク2

スポンサーリンク3

このページのトップへ